JR山手線 どの駅が何区なのか調べてみた なんとも風情がある 山手線利用歴30年、私の考察

広告

東京23区の環状線・JR山手線。通勤や営業仕事でこの路線を利用して30年になります。

あるとき、池袋から浜松町に移動しようとして路線図を見ると、外回りは30分、内回りは31分。ほぼ半周ずつ。という感じです。

つい、乗り慣れている内回りホームに向かおうとして…とまれ。1分でも近い方で回らなくっちゃと、外回りホームに移動。

せっかく半周するならばと、それぞれの駅が何区なのか調べてみました。

紹介します。

山手線_どの駅が何区にあるのか?

池袋〜浜松町 外回り(北半分)だと
豊島区→北区→荒川区→台東区→千代田区→港区。

一方、内回り(南半分)だと
豊島区→新宿区→渋谷区→品川区→港区。

パワポにしてみました。

表にしてみました。

千代田区(4駅) 有楽町、東京、神田、秋葉原
港区(4駅) 新橋、浜松町、田町、品川
品川区(3駅) 大崎、五反田、目黒
渋谷区(4駅) 恵比寿、渋谷、原宿、代々木
新宿区(3駅) 新宿、新大久保、高田馬場
豊島区(5駅) 目白、池袋、大塚、巣鴨、駒込
北区(1駅) 田端
荒川区(2駅) 日暮里、西日暮里
台東区(3駅) 鶯谷、上野、御徒町

山手線_どの駅が何区にあるのか?で分かったこと

意外なことに、中央区が無い。
一番駅数が多いのが、豊島区。

また、駅名と区が合致していないケースもある。

  • 品川駅:品川区ではなく、港区
  • 目黒駅:目黒区ではなく、品川区

ところで、なんで”内と外”なんだろう?
これも調べてみました。

左側通行の国では、時計回りが外回り。反時計回りが内回り。

ふむふむ。なんとなく感覚的に分かります。

同じ半周でも、外回りと内回り。景色も混雑具合も色々に違っていて面白い。

アチコチ降りてみた

せっかくならばと、アチコチの駅に降りて記事を書きました。全駅ではありませんがご紹介します。









【番外編】

今日の一言

ちなみに「山手線」とは?あらためて調べてみると…

  • 起点:品川、終点:田町(環状線なのに、起点終点があるのねー)
  • 駅数:29駅
  • 路線距離:34.5㎞

などなど。

山手線にお世話になって、早30年。なんとも風情があります。

山手線各駅の歴史的背景や特徴を解説してくれている、コチラの書もおススメです。

広告

この記事を書いた人

ねーさん

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら