【日比谷駅から有楽町駅徒歩移動 オススメルート】ラッシュアワーでも快適

広告

こんにちは。通勤で毎日山手線を利用している ねーさん(@nesan_blogger)です。

自宅最寄駅からの経路はいくつかあって、途中、地下鉄(東京メトロ)を利用することもありますが、地下鉄日比谷駅からJR有楽町駅まで徒歩移動のオススメルートをご紹介。

両駅の移動距離は350mほど。日比谷駅界隈の通路はなかなかアップダウンがあって、実際はもう少し距離を感じますが、今回ご紹介する道順は快適に移動ができます。

日比谷駅から有楽町駅徒歩移動オススメルート 3つのポイント

私が利用しているのは、東京メトロ・千代田線の日比谷駅。そこからの移動になりますが、オススメルートはA6出口直結の「ザ・ペニンシュラ東京」通路からのエレベーター利用です。

なぜこのルートが良いのか?ポイントは以下の3つ。

ココがポイント

  1. 日比谷駅の複雑な通路、朝のラッシュアワーストレスを軽減できる
  2. 「ザ・ペニンシュラ東京」通路利用で、一瞬異空間が楽しめる
  3. 地下2階から地上へエレベーターで快適さを実感

さらに詳しくお伝えします。

日比谷駅 複雑な通路

日比谷駅の通路、冒頭にも書きましたとおりなかなか複雑。

複数路線が乗り入れていて、千代田線下車後の表示でJR有楽町駅への出口番号を確認。A2出口となっています。

ところが、改札を出ると出口が多過ぎて迷路のよう。

有楽町駅に乗り換える人たちのために、あらためて出口番号の表示があります

A2方向に行くには、階段を下がっていく必要あり

ただでさえストレスフルな朝の通勤時間帯、ここまででもかなり疲れきってしまいます。複雑な通路のストレスを軽減できないだろうか?

そこで見つけたのが「ザ・ペニンシュラ東京」通路からのエレベータ利用です。

「ザ・ペニンシュラ東京」一瞬の異空間が楽しめる A6出口

有楽町駅の最寄り出口A2までは、なかなかに遠い。

階段下がった後程なく左手に見えてくるのが、ホテル「ザ・ペニンシュラ東京」直結のA6出口。A2まで行かずとも、ここから先に地上に出てしまいます。

2007年9月1日に開業したザ・ペニンシュラ東京は、皇居外苑と日比谷公園の向かいに立地。(中略)1928年に開業した旗艦ホテル、ザ・ペニンシュラ香港から継承する歴史や伝統、家族のような温かいおもてなしの心「ペニンシュラ・ホスピタリティ」で、国内外より多くのお客様をお迎えしております。
ー 千代田区観光協会 Webページより引用

ダークな色調の入り口表示が一瞬の異空間を楽しめて、しかもこの辺りはさほど人通りが多くないので、ラッシュアワーの喧騒が嘘みたい。ここを通り過ぎるだけでもくつろげるのです。

通路を進んでいくと、地上ゆきエレベーターの表示。この手前に階段もあるのですが、地下2階から地上まではかなりキツイので、エレベータを利用すると良いです。

日比谷駅A6出口から有楽町駅まで

エレベーター乗り場近辺もひっそりとしていて、まだまだ異空間が続いている雰囲気。

1階に着いて扉が開くと、明るい外の景色が広がっていて、この間エレベーターで移動できる快適さを実感。

地上側の乗り場はこんな感じ

有楽町駅はもう目と鼻の先です。この画像を撮影したのが平日の8時40分頃ですが、ラッシュアワーにも関わらず通路もさほど人がいません。

線路沿いの道を左に曲がると、有楽町駅前の交差点。日比谷駅改札を出てから5分強でしたが、早めに地上に出ると散歩気分も味わえます。

最後にひとこと

ラッシュアワー、特に朝の通勤時間帯ストレス軽減にも、この近辺にお仕事に行かれる際参考になったら嬉しいです。

JR有楽町周辺について、別記事に書いていますので合わせてお読みください。

ランキングに参加中!
にほんブログ村のランキングに参加中です。下のバーナーをポチッと押して、応援いただけると嬉しいです。
にほんブログ村 転職キャリアブログ キャリアへ
にほんブログ村

ご提案・ご依頼を受付しています
この記事について、または「ねーさんらいふ」運営者へのご提案・ご依頼を受付しています。

広告

この記事を書いた人

Avatar photo

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

ワーキングマザー29年、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で18年管理職。「100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を増やしたい」というビジョンを広げるためブログで情報発信中。山手線 全駅の記事も人気。

→詳しいプロフィールはこちら