軽井沢日帰り旅行ワタシ流 自転車で巡る旧軽井沢〜中軽井沢

軽井沢。長野県の佐久地域(北佐久郡)にあり、古くから避暑地・観光の町として親しまれています。

連休や夏休みともなると、大変な賑わい。

1998年2月の長野オリンピック開催に合わせて、1997年10月に新幹線が開通。東京駅から往復で約2時間強と日帰りでも十分楽しむことができて、とても便利になりました。

壮大な浅間山の景色や、風光明媚な湖や池。川のせせらぎ、木々の息吹や鳥のさえずり。大自然に囲まれてひたすら癒される、大好きな場所。まとまった休日の際にはしょっちゅう遊びにいっちゃうw


このGW期間、2018年5月2日にも訪れてきました。

「ワタシ流」過ごし方はサイクリングを利用しての観光。さっそくご紹介させていただきます。

北陸新幹線で片道約1時間

車で行くと、周辺の広域な観光もさまざまできてよいのですが、なにしろ休日は都内高速からして大渋滞。軽井沢エリアにおいても、主要道路である国道18号線がまるで「駐車場」のような状況。

なのでワタシはもっぱら”新幹線派”です。

東京駅から軽井沢駅まで片道約1時間。
開通当初は「長野新幹線」という名称でしたが、2015年に金沢駅まで開通したことを機に、「北陸新幹線」という統一名となったそうです。

主要時間帯は1時間に2本程度(ピーク時間帯は3本程度)運行されていてありがたい。

今回は「はくたか557号」で出発しました。
東京駅で"のぞみとお隣さん"のところをパシャリ。なんか”つぶらな瞳”で可愛い顔してるわー(笑)

東京駅9時32分発→軽井沢駅10時34分着。
改札を出たところの左手壁に、明治時代に別荘用の家具として作り始められたという「軽井沢彫」の銘板があります。

この日、都内は22度くらいありましたが、軽井沢はやはり涼しい。
標高1000メートル前後あり、年平均気温は7.8℃、札幌の平均気温(8.5℃)よりも低いそうでビックリ!

午前中は旧軽井沢エリアへ

レンタサイクル

日帰り旅行を目いっぱい楽しむのには、レンタサイクルが便利。
主要な観光スポットの多い、旧軽井沢〜中軽井沢周辺を自転車で回ります。

駅直下のレンタサイクル屋さん。

でも、少し歩いたところにある他のお店の方が安かった…。
駅前:1,400円/日、ちょっと先:1,100円/日。ま、いっか(汗)
終日貸し(朝~18時くらいまで)以外にも、若干安めの3時間程度の時間貸しもあります。

連休中日の平日だったこともあり「軽井沢銀座」へとまっすぐ伸びているメインストリート(離山通り)はかなり空いていました。休日ともなると、人も車もミッシリなことが多い。 

雲場池(くもばいけ)

まずは、駅から自転車で約10分の「雲場池」へ。

上流にあったホテル敷地内の湧水「御膳水」を源とする小川(雲場川)をせき止めて造った人造湖。

最近リニューアルされたという、木材を使っての池の淵と、水面に映る樹木が爽やか。一周約20分の遊歩道。

万平ホテル

お次は雲場池から「軽井沢銀座」を挟んで反対側に向かい、「万平ホテル」へ。

江戸後期から旅籠を生業としていた「亀屋」の九代目、佐藤万平氏が明治以降、西洋からのゲストをおもてなしするために、1894年に開業したホテル。

クラシカルな雰囲気と重厚さが漂っていて心落ち着く場所。ホテル内でとくに何をするわけでなくとも、つい訪れたくなります。

お土産にホテル特性のフルーツケーキを買って帰りました。
クルミなどの木の実たっぷり、甘さ控え目で美味しいw

旧軽井沢周辺、その他のスポット

今回は行けませんでしたが、その他、「聖パウロ教会」「旧三笠ホテル」「軽井沢ショー記念礼拝堂」などのスポットが周辺にあります。

ランチは「炭火焼鳥こみやま」の数量限定焼鳥丼

お店がたくさん並んでいて賑やかな、旧軽井沢中心にある「軽井沢銀座」。レストランも和洋中なんでも揃って美味しいお店が軒を並べています。しかし、かなりの混雑なので、もう少し足を延ばしたところにある、炭火焼鳥「こみやま」さんがワタシのお気に入り。

軽井沢銀座から「三笠ホテル通り」沿いを進んだほど近くにあるのですが、とても静かで落ち着いた雰囲気がうれしい。

以前訪れたときに偶然見つけることができて、以降はいつもここでランチをいただいています。

自転車でひとっ走り後のビールが美味い(笑)

数量限定焼鳥丼。今回はあと二食で完売、滑り込みセーフ!
炭火でじっくり炙られた三種の焼鳥にしっかり絡まったタレがご飯との相性抜群。
付け合わせの和え物や具だくさんのトン汁も美味しいw
1食税込みで1,390円です。

関連ランキング:焼き鳥 | 軽井沢駅

午後からは中軽井沢エリアへ

午後からは中軽井沢エリアまで足を延ばしてみる。
レンタサイクルショップの店員さんがマップにマーキングしてくれました。

「しなの鉄道」で一駅先の中軽井沢までは、自転車で片道約5キロ強。漕ぎがいがあります。

星野エリア

40分ほどで、中軽井沢観光の”ハブ”ともいえる「星野エリア」に到着。

総合リゾート企業としてご発展されている「星野リゾート」さんの発祥の地。
佐久の地で生糸業を営んでいた星野国次氏(初代経営者)が、別荘地として発展し始めたばかりの軽井沢に温泉が保養の重要な要素になると考え、1904年に星野温泉の掘削をされたことがそのルーツだそうです。

「湯川」の清流に寄り添うように自生しているハルニレ(春楡)の木立を生かしながら、各建物を広いウッドデッキでつないだ「ハルニレテラス」。
クラフトショップやお土産屋さん、ギャラリー、コーヒーショップ、レストランなどが並ぶ。

湯川の清流が眼下に広がっていて和みます。

ここから歩いていけるその他のスポットとしては、結婚式で人気のある「軽井沢高原教会」や、「石の教会 内村鑑三記念堂」、日帰り温泉の「星野温泉トンボの湯」などがあり、半日だけでは物足りないくらい充実しています。

途中緩やかな上り坂やデコボコ道もあり、往復1時間強。こんなに爆走したのは久しぶりだわー。思わず顔が強張る(笑)

夕方からはアウトレットに立ち寄り後、帰途につく

夕方になってさらに気温も下がり、なおかつ雨もパラついてきちゃった。自転車を返却し、駅の反対側にあるアウトレットモール「軽井沢ショッピングプラザ」に立ち寄りました。

レディス&メンズ&キッズファッションを始め、シューズ&バッグ、スポーツ&アウトドアグッズ、生活雑貨、ペット用品や長野県近隣名産のお土産店など。約200店舗のさまざまなショップが展開されています。

いつもの休日より、やはり空いていました。
何を買うのでもなく、ぶらぶらとウインドーショッピングも楽しいw

帰りの新幹線まで少し時間があったので、フードコートでちょっと休憩。

帰りは「はくたか572号」。軽井沢の一日、楽しく過ごさせてもらいました。

まとめ

軽井沢日帰り旅行、新緑の季節である5月~、避暑を楽しめる7~8月、紅葉を楽しめる10月ころ…が特におススメです。よろしければぜひお出かけください。

【交通】
北陸新幹線で東京駅から軽井沢駅まで片道約1時間。
時刻表はコチラ
通常運賃は大人一名片道6,110円(乗車券2,590円+指定席特急券3,520円。混雑時期、特に帰りは自由席だと座れないことが多い。)

【サイクリング】
下車後はサイクリング利用で、旧軽井沢~中軽井沢の主要スポットを十分に楽しめます。
駅近くにレンタサイクルショップも多くありますが、一日料金で1,100~1,400円くらい。駅から離山通りへと数分歩いて行った辺りにあるショップのほうが安い傾向にあります。

【メモ】
都内との気温差がかなりあるので事前のお天気チェックや、寒暖の差に合わせてのジャケットやマフラー、手袋などの用意があると助かります。

バス利用で、白糸の滝や万座温泉などのさらに遠方の観光名所まで行くこともできますが、本数が少ないのと渋滞に左右されやすいのでご注意を。

軽井沢観光協会のホームページもご参考に。

おまけ

自転車で約30km弱&徒歩で17,000歩あまり。よく漕いでよく歩いた!
筋肉痛防止には、就寝前に「マグネシウムオイル」でのマッサージが欠かせません。

くわしくは次の記事で書きます。

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
会社の管理職/100年ライフブロガー/色々学び人
30数年会社員まっしぐら、定年まであと数年…というところで、会社の組織改編や家族の不調に見舞われお先真っ暗に…。その後、さまざまな学びと素晴らしい師匠たちに出会うことで救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンをもつに至る。このブログではそんな私の思いや実践をお伝えすべく、2017年7月22日から640記事連続、毎日更新中。(2018年10月31日現在)→詳しいプロフィールはこちら