「マイフィットまくら」(イオン×西川リビング)寝覚め改善を実感 3ヶ月使ったレビュー

枕選びって、なにかと悩ましいですよね。ワタシも散々色々な枕を試してきましたが、なかなか「コレだ!」というものに出会えませんでした。
ところが、とうとうジャストフィットな商品を見つけたのです。それは「マイフィットまくら」(イオン×西川リビング)
さっそくご紹介します。

「マイフィットまくら」に出会う

ここのところ特に「寝疲れ」というか、寝て起きたらなんだか肩が凝っている…ということが続いていました。

ベッドのマットを替えてみたものの、改善せず。

枕も今まで散々試してみましたが、やはり、改善せず。

そんなとき、たまたま夫が買ってきた枕を貸してもらったところ、翌朝スッキリ。
「コレだ!」と思い、さっそくワタシも買いにいきました。

「マイフィットまくら」とは

マイフィットまくら」。スーパーのイオンが西川リビングと共同で開発した製品。

この「マイフィットまくら」は、長年にわたる西川リビングのノウハウと、10,000人に及ぶ性別や年齢、体型の統計データをもとに開発されたまくらです。 まくら選びのポイントは高さと硬さ選び。異なるタイプ別のまくらの中から、あなたにベストフィットの高さと硬さを容易に見つけていただけます。

高さと硬さによって6種類のタイプがあり、売り場に「タイプ判定」のシートが掲示してあるのですが、ネットでもチェックができるページがあります。

ただ、判定で出てきたタイプのものよりも、実際に別のタイプのほうが使い心地がよさそうに思えたので、夫の使っているのと同じ、タイプ6(高さ:高め、硬さ:ふつう&硬め)にしました。

付属品でウレタンシートと二種類の追加パイプが入っていて、さらに自分の好みで調節することができます。

片方の面ごとに、硬さの異なるパイプが詰まっている「リバーシブル」仕様。

使用第一日目は、以前のような「肩凝り感覚」がほとんどなく、まずまず快適に目覚められました。
パイプの量やシートの追加、硬めorふつうのどっちの面がよいか…etc.あれこれ試してみて、さらに快適に過ごしてゆけるように工夫してみよっと。

そして3ヶ月使ってみた…「快適さ」を実感!

購入して3ヶ月。何度かパイプの量やシートを追加したり減らしたり…と微調整はしていますが、あらためてその快適さをしみじみ感じる毎日です。
なんてったって「朝起きて肩凝り状態」というのが解消されたことが嬉しい。

使ってゆくうちに、フィット感もさらに増したように思えます。

寝て起きた時の枕の形。頭の部分が深く凹んで両側の部分がそれを支えてくれているのが分かります。

コレがきっと、ワタシの"頭のハマりどころ"なのですね(笑)
「マイフィットまくら」もう、手放せません!

マイフィットまくら 購入方法

「マイフィットまくら」全国のイオン各店舗で購入できます。売り場にサンプルが置かれているので、実際に各タイプの触り心地やフィット感を試してから決めるのがおススメです。

ウレタンシートをはずせば家庭で丸洗いもでき、通常価格で税込み4,298円と、お手頃値段なのもありがたいです。(時々セールをしていることもあります。)

枕も使っていくとヘタってしまうので、定期的に買い替えるのがよいかもしれません。
しばらく先かとは思いますが、またその時期を実感した際は、このブログで報告したいと思います。

今日の一言

質の良い睡眠のために枕の役割はとても重要。
機能、買いやすさ、価格。どれも「マイフィットまくら」には大満足です。

よろしければぜひ一度お試しをー。

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
会社の管理職/100年ライフブロガー/色々学び人
30数年会社員まっしぐら、定年まであと数年…というところで、会社の組織改編や家族の不調に見舞われお先真っ暗に…。その後、さまざまな学びと素晴らしい師匠たちに出会うことで救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンをもつに至る。このブログではそんな私の思いや実践をお伝えすべく、2017年7月22日から570記事連続、毎日更新中。(2018年10月7日現在)→詳しいプロフィールはこちら