山手線

通勤で山手線を利用して30年。この路線は私にとっては人生の一部のようなものです。毎日毎日通り過ぎていくそれぞれの駅について。このカテゴリーでは、「山手線専門家」(笑)として記事を綴っていきます。

全30駅(2020年3月現在)どの駅が何区にあるか?

各駅が東京都23区のどの区に所在しているか。こちらの記事にまとめています。

JR山手線 どの駅が何区なのか調べてみた 山手線利用歴30年の私の考察

それぞれの駅の特徴

ひとつひとつの駅に降り立って、駅の様子、周辺の施設やお店をレポートしています。

高輪ゲートウェイ駅

49年ぶりの新駅となったのが、高輪ゲートウェイ駅です。田町駅と品川駅の間(2.2km)にできた駅です。

田町駅から1.3km・品川駅から0.9kmの場所です。元々は田町車両センターという電車の車庫があった場所を再開発して作られました。

開業当日の朝に訪れた様子を書いたのがこちら。

2020年3月に49年振りの開業となった、高輪ゲートウェイ駅

そもそも、どうして高輪なの、ゲートウェイってどういうこと?を調べたのがこちらの記事です。

番外編・高輪ゲートウェイ駅名の由来である、高輪大木戸跡

駒込駅

池袋駅から外回りで3駅目、巣鴨駅と田端駅の間にある駒込駅。三区にまたがっていて公園が楽しめる、都内のオアシスともいえます。

豊島区・文京区・北区に広がっている2つの名勝公園が楽しめる、駒込駅

巣鴨駅

とげぬき地蔵と地蔵通り商店街で有名な巣鴨。商店街にある絶品定食屋さんもオススメです。

とげぬき地蔵と定食絶品のときわ食堂をぜひ訪れてほしい、巣鴨駅

目白駅

外回りで池袋と高田馬場の間に位置している目白。学び舎と文化や歴史を楽しめるのです。

学習院大学などの学び舎、椿山荘、鬼子母神など、文化と歴史を味わえる町、目白駅

日暮里(にっぽり)駅

歴史と下町情緒あふれる「谷中銀座」を味わえます。

太田道灌、古刹、谷中銀座 歴史と下町情緒の融合、日暮里駅

品川駅、大崎駅

このエリアはかつては東京湾の埋め立て地として発祥しました。品川駅と隣接の大崎駅。それぞれに目覚ましい発展を遂げています。

東京オリンピックに向けて、さらに発展を遂げるであろうハブステーション、品川駅

整然とビルが立ち並ぶ不思議な空間、大崎駅

恵比寿駅

渋谷区に所在していますが、隣の港区の賑わいも兼ね備えている。オシャレなお店も多いエリアです。

ヱビスビールの歴史とモダンな雰囲気を兼ね備えた町、恵比寿駅

御徒町(おかちまち)駅

上野駅の隣接駅。下町情緒あふれる町並に惹かれます。

問屋街やら鮮魚店やら 佳き昭和の名残をもつ、御徒町駅

目黒駅

「目黒の秋刀魚」落語に出てくるテーマと、結婚式場「目黒雅叙園」のオシャレな雰囲気の不思議な融合です。

坂道と結婚式場と秋刀魚と 趣深い文化、目黒駅

代々木駅

予備校で名だたる「代々木ゼミナール」や明治神宮最寄り。小さな代々木駅でも、敢然とその"らしさ"があるのです。

予備校・明治神宮・新宿 いろいろ囲まれていても、どこか静けさを醸し出している、代々木駅

田町駅

江戸無血開城の跡地とされている、田町駅そばにある史跡。品川駅と高輪ゲートウェイ駅の間に所在する、東京オリンピックで賑わうであろう新たな町づくりへの期待です。

勝海舟と西郷隆盛・無血開城の地そして、東京オリンピックに向けて 今昔を合わせもつ、田町駅

五反田駅

大崎駅と目黒駅の間に地味に存在している五反田駅。とにかく秀逸グルメ店が軒を連ねているのです。

利便性と秀逸グルメの町、五反田駅

東京駅

東京駅。歴史や風景や語ることは数限りないですが、駅舎落成の日にその姿を撮影して記事にしました。

3月18日は東京駅落成の日

池袋駅

駅の特徴そのものよりも、私の家族にまつわることの多い町。そんなことを書きました。

母の実家やら息子の大学やら思い出が詰まっている、池袋駅

原宿駅

2020年3月21日。東京都内最古の木造駅舎であった原宿駅がリニューアルされました。
ファッションの先端という特長だけでなく、明治神宮の広大な自然も楽しめる。
新旧の魅力を併せ持つ町です。

原宿駅 竹下通りと表参道ヒルズと明治神宮の杜 様々な表情を併せ持つ町 2020年3月駅舎リニューアル

番外編:ポケモンスタンプラリー

山手線各駅とその周辺駅を巡って一つずつスタンプを押していく、毎年夏に開催されている名物イベント。元祖開催時から参加している親としての解説を書きました。

番外編・ポケモンスタンプラリー、子供と一緒に楽しんだ親からの解説

最新記事はコチラ

投稿ナビゲーション