『旅と鉄道増刊号_山手線新時代』発祥から最新までをコンパクトに楽しめる 山手線利用歴30年の私からオススメの一冊

広告

こんにちは。通勤で30年間利用している山手線。ほぼ毎日ぐるぐる半周している ねーさん(@nesan_blogger)です。

山手線が発祥したのは、1872(明治5)年。この記事を書いている2020年時点で148年の歴史を誇ります。

東京都心のターミナル同士を結ぶ環状線、東京都内鉄道網の中心的存在ともいえる。
そんな山手線の発祥から最新までをコンパクトに楽しめる雑誌『旅と鉄道増刊号_山手線新時代』をご紹介します。

山手線利用歴30年の私からオススメの一冊です

『旅と鉄道増刊号_山手線新時代』で解る主な内容

まず、この本で解る主な内容について。目次から抜粋します。

  • 山手線30番目となる新駅「高輪ゲートウェイ駅」が巻き起こす駅革命
  • 生まれ変わる駅:渋谷駅、原宿駅
  • 山手線歴代車両図鑑
  • 山手線全駅図鑑
  • 山手線の歴史を振り返る

この本は、2020年3月14日に暫定開業となった「高輪ゲートウェイ駅」誕生に合わせて、鉄道趣味誌である『旅と鉄道』の増刊号として発刊されました。

全95ページの雑誌形式で、読みやすいのもオススメポイント。

本誌の9ページ目に書かれてあるメッセージが印象的です。

高輪ゲートウェイ駅が30駅目としていよいよオープンし、東京オリンピック・パラリンピック開催が目前に迫っている。世界中の人々が集う山手線を、世界に誇れる鉄道として写真でおもてなししたい。

写真でおもてなし。まさにこの本の特長にピッタリな一言だわぁ

『旅と鉄道増刊号_山手線新時代』 山手線利用歴30年の私が面白いと思ったところ

次に、本誌のなかで、私が特に面白いと思ったところについてをご紹介します。

高輪ゲートウェイ駅が巻き起こす駅革命

高輪ゲートウェイ駅は「東京と世界を繋ぐ駅」として、最新サービスの導入や実証実験が進められており、最新AIを駆使している。
開業当日に私も実際に訪れてみましたが、まさに「未来への架け橋」といった趣を実感しました。

2024年の本格開業が楽しみです。

渋谷駅大改造

渋谷駅は、2015年着工以降、計9箇所にも及ぶ大規模な再開発プロジェクトを推進中。乗り入れ他路線(東急東横線、東京メトロ銀座線)の駅とともに、その変化の過程が「生まれ変わる駅 渋谷」の章で詳しく書かれてある。

様変わりが大きくて私自身もまだよく理解できておらず、渋谷駅についてはこのブログで記事が書けていませんが、この章は今後に向けて大いに参考になります。

山手線のギモンに答える

山手線の正しい読み方は?(答え:やまのてせん)、東京タワーと東京スカイツリーが見えるスポット、山手線の内径面積は東京ドーム何個分?山手線一周で最大何本の電車がぐるぐる回っているの?…などの「山手線トリビアネタ」が数ページに渡り書かれてあって、意外と知らなかったことを教えてもらえるのが楽しいです。

歴代車両図鑑

私が社会人になりたての頃は車両全てが「ウグイス色」一色。コマーシャルで"丸い緑の山手線〜"という歌詞があったくらいです。そこから最新の「E235系」までの歴代各車両。外装だけでなく内装についても触れられています。

私の仕事人生もこの変遷とともに今に至るのだなぁ…などと、ちょっとホロっとしながら眺めてしまいました。

その他にも「全駅図鑑」「沿線鉄道遺産さんぽ」など、読み応え十分な箇所が随所にあります。

最後にひとこと

山手線にまつわる書籍は実に様々ありますが、本誌は手軽に「山手線の今昔」を鳥瞰できるというのも特長です。

よろしければぜひ手にとってみてください。

山手線、どの駅が何区にあるか?コチラの記事もどうぞ。

広告

この記事を書いた人

ねーさん

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職となって15年。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら