アロマディフューザーが調子わるくなった 何事もメンテナンスが必要

広告

「生活の木」のエチルアルコールと、エリーさんから譲っていただいた、グレープフルーツの精油

ワタシのアロマのお師匠・エリー(小野江里子)さんに教わった、アロマディフューザー。エリーさんのセミナーをお聴きして速攻買いに行き、我が家を香しく応援してくれる、とっても癒しになってくれていました。

コチラの記事もよろしかったらご覧ください。

ところが。ずーっと稼働してくれている疲労がたまったせいか(?)動いてはいるようですが、香りもせず、精油も減らず、なんだか”膠着状態”になってしまいました。

あわてて取説を見てみると、「二週間に一回くらいは、エタノールでおそうじしましょう」と書いてある。

しまった。まったく怠っておりました。

定期的なメンテナンスが必要

何事もお手入れって必要なんですよねー。アロマディフューザーを購入した際に、「異なる精油を使うときには、一回エタノールでクリーンにしてから次の精油を注入してくださいねー。」と、生活の木のお店の方から教わり、一緒に購入をしておりました。

なのですが、グレープフルーツの精油がとても気に入ってずっと使っていたので、おそうじすることもせず、三か月ほどそのままにしてしまっていました。

して、ディフューザー、お疲れに。ケアしてあげずに、かたじけない。

エタノールでおそうじ

残っていた精油をひとまず別の瓶に移し替え、エタノールをディフューザーのボトルに半分ほど注入し、作動させます。お店の方にも教えていただきましたが、ここで慌てて水で洗浄してしまうと逆に詰まりの原因にもなってしまうゆえ、とにかくこの方法で見守ります。

すると、おそうじ中にも、グレープフルーツの芳香が蘇ってきてとてもほっとしました。

2~3時間ほど経ったのちに、いちど、ボトルやその他のパーツを乾かして、新しい精油を注入したところ、おかげさまで、元の”アロマディフューザー健康状態”(笑)に戻ってくれました。

引き続き、我が家の廊下を香してくれる、愛おしいディフューザーさん。
嬉しいなーw

古い精油はアロマランプに再利用

滞留してしまったせいか、ちょっとドロっとしてしまった古い精油は、アロマランプ用に再利用させてもらいました。

まだまだ芳香を漂わせてくれます。

お師匠さんから、「グレープフルーツはメンタルケアにとても良いのですよー」と教わったとおり、とっても心が落ち着きます。

我が家のアロマランプ

今日の一言

好きなツールを長く使わせていただくのには、日頃からこまめなお手入れが必要なのですよね。あらためて反省。

アロマディフューザーさん、しっかりケアしていくね。
これからも、どうぞよろしくー。

”生活の木”のアロマディフューザー、お家の癒しに、ぜひお薦めします。

広告

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
会社の管理職/100年ライフブロガー/色々学び人
30数年会社員まっしぐら、定年まであと数年…というところで、会社の組織改編や家族の不調に見舞われお先真っ暗に…。その後、さまざまな学びと素晴らしい師匠たちに出会うことで救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンをもつに至る。このブログではそんな私の思いや実践をお伝えすべく、2017年7月22日から700記事連続、毎日更新中。(2018年11月30日現在)→詳しいプロフィールはこちら