山手線 田町駅(東京都港区)歩いて遊ぶスポット 最新の複合ビルと江戸無血開城会談の地・近代と歴史が楽しめる町

広告

通勤で30年お世話になっている山手線。好き勝手にそれぞれの駅を漫遊しています。

今回は田町(たまち)駅。

大手企業の本社や大使館、大学などの産学公各スポットや、2020年に全面開業した最新のオフィスビル。

一方で「江戸無血開城の地」でもあり、近代と歴史双方を楽しむことができる町です。

田町駅

所在地: 東京都港区芝五丁目33-36

田町という駅名は、三田口(西口)周辺一帯に広がっていたかつての町名からとられたものである。『文政町方書上』によると、江戸時代に田畑が町屋へと移り変わったため、田町と呼ばれるようになったという。明治初期は頭に芝を付けて「芝田町」と呼ばれていた(その後、1911年5月に「芝」の冠称が省かれる)。海岸に面した細長い範囲の町で、この海岸線に沿った海上防波堤の上に鉄道が敷設された。
駅名に採用された田町は、港区の発足した1947年に再び芝田町に町名変更となった。その後、住居表示実施に伴う町名・町域の変更により、1964年7月に一部が芝五丁目に、1967年4月に残りの全域が三田三丁目になり、地名としての田町は消滅した。
ーWikipediaより引用

昔の町名の名残、しかも、「田畑が町屋へ…」って単に頭文字を合わせただけの命名。その後「芝」がついたりとれたり。そして、現在はそんな地名がない。

だのに駅名として継承されている…なんとも味わい深いものです。

改札口は南と北の2か所ありますが、駅舎の中央部分に位置していて、どちらの改札から出ても左右に芝浦口・三田口と分かれています。

田町の町並み

三田口

三田口を出ると国道15号線(第一京浜)がどどーんと走っていて、沿線には森永製菓、三菱自動車工業、日本電気などの本社が林立。

ハンガリー、ボツワナ、イタリア、クウエートなどの大使館も所在、慶應義塾大学などのキャンパスもあり…と産学公様々なスポットがあるのも特徴。

三田口の先にある歩道橋を降りていくと、たくさんのレストランや居酒屋が軒を並べています。

芝浦口

一方、海側(芝浦口)は以前はさほど大きなビルがありませんでしたが、再開発によって2020年に「ムスブ田町」という新たな複合ビルが開業。より近代的な雰囲気になりました。

駅からペデストリアンデッキを通って行けるので、傘要らずなのも便利。

芝浦口の通路もより明るい雰囲気になっています。

江戸の歴史名所

一方、この駅には「江戸の歴史名所」があるのも特徴。

西郷隆盛と勝海舟による、幕末の江戸無血開城会談が行われたのが当地。田町駅改札口を出たところに、こんな壁画が飾られています。

実際の会見地となったのは、現在三菱自動車工業の本社があるビルの一角。記念碑があります。

また、第一京浜沿いにある、「札の辻交差点」は江戸時代の高札場の跡。
「高札」はこのような通行人の多い町の入り口に立てられることがよくあり、新しい法令や決まり事を民衆に周知する役割を持っていたとのこと。

時代劇でよく出てくる「告」みたいな看板なのでしょう。

往時に人々がここの看板を眺めていたのだと思うと、なんとも感慨深いものがあります。

田町駅と三田駅

”はみ出しネタ”ですが、JR田町駅とほぼ同じ位置にあるのが都営地下鉄の三田駅。

よろしければコチラもご覧ください。

田町のオススメカフェ プルマン東京田町の「KASA」

カフェやレストランが無数にある田町ですが、私のオススメはムスブ田町の奥にあるラグジュアリーホテル「プルマン東京田町」にあるカフェ「KASA(カサ)」

別記事に書いていますのでご覧ください。

最後にひとこと

2020年に「高輪ゲートウエイ駅」が暫定開業するまでは、品川の隣駅でもあった田町駅。

新駅の開業と相次いでこの駅にも新たなビルの開業。さらに変化を遂げていることを実感します。

山手線一周、どの駅が何区にあるか?については、コチラをどうぞ。

ランキングに参加中!
にほんブログ村のランキングに参加中です。下のバーナーをポチッと押して、応援いただけると嬉しいです。
にほんブログ村 転職キャリアブログ キャリアへ
にほんブログ村

広告

この記事を書いた人

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

ワーキングマザー28年、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で16年管理職。「100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を増やしたい」というビジョンを広げるためブログで情報発信中。山手線 全駅の記事も人気。

→詳しいプロフィールはこちら