JR田町駅と都営地下鉄_三田駅(東京都港区) ほぼ同じ場所にあるのに、なぜ駅名が違うのだろう

先日の記事で、JR浜松町駅と都営地下鉄_大門駅について書いてみました。
よろしければコチラの記事もどうぞ。

読んでいただいた方から、「お隣り駅の田町と三田もそうだねー。」とご意見をいただきました。

確かに。

せっかくだから調べてみよう。
とはいえ、どうやって調べたらよいのだろう?そうだ。区役所に行ってみよう。と思い立ち、港区役所に行ってみました。

とても立派な庁舎です。

区制資料室

エントランス入ってすぐのところに、観光ガイドや歴史ガイドなど、様々なパンフレットが置いてあるのですが、ワタシが探している「田町駅と三田駅」についての資料は残念ながら見つけられず。

総合インフォメーションの方にイキナリ「あのぉ。田町駅と三田駅ってなんで駅名が違うのか知りたくて、どこかに教えていただけるところはないでしょうか?」っと突撃質問(笑)
そんなワタシの勢いにもニコヤカに「区政資料室に行ってみられてはいかがでしょうか?」と教えていただきましたw

資料室の係の方にも、同じ”突撃質問”をしてみると、やはり、とてもニコヤカに応じてくださいます。

「そういえばそうだねー。探してみましょう。」と快くご協力。

「区政資料室」には、戦前からの区誌をはじめ、たくさんの文献があり、ワタシ一人ではとうてい探せないであろう資料を、さくさくっとお示しいただける。
”プロの心意気”に感動です。

禁持ち出しの資料以外は貸し出ししてくれる&コピーもスマホ撮影もOK。ありがたいものです。

田町

ソモソモ「港区」というのは、1947年(昭和22年)に、当時の芝区、麻布区、赤坂区が合併してできたそうです。

田町・三田は、「芝区」のエリアとのことで、古い「芝区誌」を出してくれました。

昭和13年・・・歴史の重みだわー。しかも、「東京市」(笑)

”旧字体”に四苦八苦しながら読んでみます。

時は明治時代。

明治2年、国有鉄道(今のJR)建設決定にともない、京都・大阪~神戸、琵琶湖~敦賀などに加え、新橋~横浜などのそれぞれの工事が行われた。

開通後はさまざま発展が試みられ、上野~新橋へと延線してゆくに伴い、明治42年には浜松町駅、田町駅も開業したそうです。

”田町”の駅名由来については、この書では残念ながら見つけられませんでしたが、とにかく、JR開業の歴史とともに現在に至るのだと思いました。

三田駅

一方、三田については、遡ること古代。

禁中(君主の住む宮中)に年賀を奉っていたため、”御田村”と号したとのこと。
その後、「御」の字が「三」に改められたのはいつのころかは定かではないそうです。

「近代沿革図集」という資料を見せてもらいました。

ちなみに、「御田」とは、伊勢大神宮の神田があったことにも由来があり、芝大神宮は伊勢内宮を分霊して祀った社
こうした神事にも由来する地名なのですね。

いつも何気なく通り過ぎる駅名や地名に、何千年も前に発祥した歴史が裏打ちされているとは!

とても響きました。

区政資料室の方は、三田の”田”と、田町の”田”となにか関連性があるのかもしれませんね。と言っておられました。
駅名が異なる明確な根拠については、調べきれませんでしたが、JRにも、そういう由来を調べる資料館みたいなものがあるかもしれません。

機会があれば、ぜひ訪れてみたいです。

今日の一言

ワタシの会社がお世話になっている東京都港区。いわゆる繁華街である六本木、赤坂、青山などの煌びやかな側面と、芝増上寺、芝大神宮、忠臣蔵の世界にも深くかかわりのある歴史と由緒のある側面と、また、東京湾に面した海上の起点と。

実にさまざまな特徴があるのだと、あらためて知ることができ、とても好きになりました。
それを教えてくれた区役所に感謝です。

都心を語るに、はずせない地区でもありますが、その歴史は奥深く、現代反映とのコントラストが魅力的です。

せっかく港区で勤めているからには、さらにいろいろと探求していきたいなー。
詳しく書かれてある、こんなリーフレットも区役所にありました。

そして、来る2020年の東京オリンピックにも、重要な役割を担うことになるであろう地区。
ますますの発展が楽しみですw

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
☆100年ライフサポーター/ブロガー/いろいろ学び人☆

30数年会社員まっしぐら。しかし、定年まであと数年…今後の100年ライフを目指しさまざまな学びにチャレンジしています。このブログでは、私のそんな思いや実践を、同じ世代の方々や、その後ろの、背中にいらっしゃる世代の方々にお伝えしたいです。→詳しいプロフィールはこちら