ものくろキャンプ「iPhone・本気・写真術」で教えてもらった ”レタッチ” で写真が絵画のように演出できる

広告

先日、Shinya B Watanabe さんと、ものくろさんの、「iPhone・本気・写真術ワークショップ」に参加しました。
教えていただいたことを実践すべく、”日々の何気ないもの”の撮影にいそしんでいますw

よろしければコチラの記事もお読みください。

写真って、ある意味、”心の鏡”でもあるんだろーな。

”何気ないもの”に惹かれる

仕事の外回りで行ったビルのファシリティ。
遊びに行った海と山の風景。
ランチで行ったお店のサラダ。

・・・ありきたりのことばかりですが、「写真脳」で意識すると、思わず”心のシャッター”が反応しちゃう。

写真にはとても興味がありましたが、お恥ずかしながら、さっぱりシロウトさん。
でも、ワークショップで教えていただいたことをやってみたら、おこがましくて恐縮ですが、画家さんになれたような気分。とっても嬉しいです。

iPhoneのカメラアプリ

iPhoneの開発者さんたちには、写真に造詣の深い方々がいらっしゃり、イロイロなアプリが多様な機能を備えていると、教えていただきました。

ワークショップでは、それぞれのアプリを活用しつつ、デモで何枚か撮影してみるのですが、その後自分で繰り返しやってみないと忘れてしまう。

なんだかユニークな被写体に出会うたびに、パシャリ!としてみます。

「タバスコ光画」

アプリでは、さまざな機能を付加(レタッチ)することができます。

Shinyaさんいわく、「レタッチをたくさん施してたら原画がわからなくなっちゃうのが、”タバスコ光画”。例えるに、タバスコをかけすぎたパスタの如く。」

自然的にとらえた素の写真も尊いですが、その後、イロイロに”お化粧”して完結するのも楽しいものです。

昨日は夕陽がとても綺麗でした。
アレコレ、レタッチしてみたら、なんだか一枚の画のようにできました。

今日の一言

写真術、本当に奥が深いです。

カメラでなくて、iPhoneで、さまざまな写真術を活用できる。
テクノロジーの進化とは、ありがたいものです。

ものくろキャンプの「iPhone・本気・写真術」
次回は12月21日開催予定です。

”写真で世界が広がる!”是非オススメします。

広告

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
会社の管理職/100年ライフブロガー/色々学び人
30数年会社員まっしぐら、定年まであと数年…というところで、会社の組織改編や家族の不調に見舞われお先真っ暗に…。その後、さまざまな学びと素晴らしい師匠たちに出会うことで救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンをもつに至る。このブログではそんな私の思いや実践をお伝えすべく、2017年7月22日から700記事連続、毎日更新中。(2018年11月30日現在)→詳しいプロフィールはこちら