「自分を追い込む」っと、もと部下さんが”卒業” 「お世話になりました」って、もらったクッキーがちょっと切ない

広告

ワタシのもと部下さんである、Sさん。

残念ながら12月末で退職されることとなり、昨日は最終出社日で挨拶にきてくれました。

会社の組織再編で、みんな、バラバラになっちゃった。悔しい。

ワタシも異動して、もう、みんなと一緒に仕事できなくなった。
でも、こうして会えることはありがたいものです。

学生さんの頃からお会いできた、ご縁

振り返るに今から12年ほど前。

彼がまだ学生さんの頃。当時の新卒さん採用面接で、とっても輝いていた。是非とも入社してほしい。と切望したことが昨日のことのように思い出されます。

その後、ありがたいことに、我が社に入社してくれました。

その後の11年間、ずーーっと一緒に仕事をしてきました。
どんどん成長してゆく姿に、親のような気持ちで見守らせてもらい(笑)
昨年管理職昇格を果たしてくれたことがとっても嬉しかった。

これからも一緒に仕事をしてゆきたかったのですが、残念ながら突然の組織再編でそれが果たせなくなりました。

”自分を追い込む”

うちの会社をしょって立ってほしい、とっても素晴らしい方。

ですが、ワタシが携わっているライフサイエンス業界で、”世界No.1”の会社に転職を決めたそうです。

今の会社に貢献したい、恩返しをしたい、という思いはあるのだけれど、それで楽に生きちゃったら、自分が甘えてしまう。もっと厳しい環境でやってみたい。っと。

そんなに、自分を追い込まなくてもええやん。

でも、敢えてそこを選んだ彼の表情は凛としていて、とても清々しく映りました。

きっと、また、会える

同じ業界にこれからも居るとのことなので、どこかで、きっとまた会えるよね。
そう思いつつも、11年間も貢献してくれた方が去っていってしまう。残念でなりません。

「お世話になりました」と、持ってきてくれたハート型のクッキー。
ちょっとせつなく、しょっぱく(笑)、ありがたくいただきました。

今日の一言

何事も、”お別れ”というのは辛いものです。

部下さんに、思わずぶっちゃけお伝えしちゃいました。

ワタシもそろそろ会社を引退する時期が近付いてるんだけど、まだまだ100年ライフ、やることがたくさんある。毎日チャレンジしてるよー。

イキナリそんなことを聴かされたゆえ、ビックリしていた彼でしたが。お別れついでに、「そんな上司もいたよねー。」とネタにしてもらえたら嬉しいかなw

☆「100歳以上生きる」を目指すために
この本に書かれてあることを1つ1つ実践しています☆

Amazonへ見にいく

広告

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
会社管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し現在は管理職。このままで良いのかと悩み、様々な学びと出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンを持つ。

→詳しいプロフィールはこちら