部下さんの退職 旅立ちを応援!なのだけど 別れは辛いものです

広告

朝出社してPCを立ち上げたところ、もと部下さん二人から「退職のご挨拶」メールが相次いで届いていました。

別れはいつだって辛いものです。

一人は大阪、もう一人は出向中‥‥と拠点は異なるものの、偶然二人とも新卒さんのときからのお付き合い。

最初の一、二年は、業務や環境に慣れるのに精一杯で、ときには悔しさや辛さで涙する姿も。
でも、やり遂げたときの晴れやかな笑顔が忘れられません。

成長してきた二人の数年間の歴史が、走馬灯のように駆け巡ります。

新しいフィールドを見つけて旅立ってゆくのだから、応援!なのだけど、

でも、別れは辛い。
とくに二人とも離れているから、メールを返すことくらいしかできません。

どこかでまた会えればいいな。
また一緒に仕事ができればいいな。

「さようなら」じゃなくて、「またね!」
そして、ありがとう。おつかれさま。

広告

この記事を書いた人

ねーさん

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら