どんな能力や経験をもっていても 「他人を思いやる心」に勝るものはナシ 「部下さんの背中」にあらためて教えてもらった

3ヶ月ほど前に入社してきたSさん。
それまでの10年程は、ずっとデリバリーチェーン店で仕事をされていて、会社勤務は初めて。しかも全くの異業種ご出身。

ですが、

一生懸命学んで、素直に吸収して、ひとつずつ実践して。
あっという間に戦力になってくれています。

加えて、お人柄良好。
みんなが嫌がることを率先して行う。決して人のせいにしない‥etc.
一言で表現するならば「思いやりの心が随所に溢れている」
そして、いつもニコニコほがらか。

それこそ、電話応対やメール文章や、どれもこれも初めてのことばかり。
しばしばモノゴトに詰まっていそうな様子はあれど、とにかくチャレンジ、チャレンジ。

あるとき。
彼が作成した議事録をチェックしていて、何箇所か修正をお願いしたところ、
「確認、ご指摘ありがとうございます。至らない点が多いと思いますので、今後ともご指導いただけると助かります。」
と、メールが返ってくる。

なんとすばらしい。
長年会社勤めしていたって、こういうコトバがすんなり出てこないことも多い。
ともすると「利己の心」になっちゃいがち。

どんな能力であれ、どんな経験であれ。
「他人を思いやる心」に勝るものはナシ。

きっとこれからも、すくすくと成長してくれそうだわーw

Sさんの姿勢を観て、ワタシも襟を正す。
「部下さんの背中」で、大切なことを教えてもらえるって、ありがたい。

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
会社の管理職/100年ライフブロガー/色々学び人
30数年会社員まっしぐら、定年まであと数年…というところで、会社の組織改編や家族の不調に見舞われお先真っ暗に…。その後、さまざまな学びと素晴らしい師匠たちに出会うことで救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンをもつに至る。このブログではそんな私の思いや実践をお伝えすべく、2017年7月22日から570記事連続、毎日更新中。(2018年10月7日現在)→詳しいプロフィールはこちら