ストレングスファインダー いわゆる人材開発というより強みの統計学 Gallup認定ストレングスコーチ/静美千子さんの素晴らしいセッション

ストレングスファインダー。
米国Gallup社の開発したオンライン「才能診断」ツール。

Webサイト上で177個の質問に答えることで、自分の才能(=強みの元)が導き出されます。ストレングスファインダーにおける「才能」は次のように定義されます。『無意識に繰り返し現れる思考、感情、行動のパターン』
すなわち、自分の思考、感情、行動の「特徴」そのものが「才能=強みの元」なのです。

ふむふむ。

以前、勤務先の研修で受けたことのあるテスト。
そのときは「ふーん」ってな程度でスルーしていましたが、この度、Gallup認定ストレングスコーチの静美千子さんが個別セッションをしてくださると知り、さっそく参加をしてきました。

8年前に受けたテスト

私がストレングスファインダーの存在を知ったのは、今から8年前。
勤務先の「経営塾」みたいな研修に参加していて、そのときの必須課題として受けたのがきっかけです。

当時。

ワタシは部門責任者になったばかりで、年間売上目標を達成するのに必死。

もう、イケイケドンドン。

そのときのストレングスファインダー結果は残念ながら保存できておりませんでしたが、記憶をたどると、

  1. 最上志向
  2. 責任感
  3. 成長促進
  4. ポジティブ
  5. コミュニケーション

…ってな上位5つだったように記憶しています。

とにかく、仕事漬けの毎日でした。

そして、8年後の今

あれから紆余曲折あり。気づくと定年間近で"組織の主人公"からは外れちゃったワタシ。

しかーし。

人生100年時代。定年退職なんてクソくらえ(笑)
組織人じゃなくって、どうやって自分自身として生きてゆくのか。
「売上達成」とかじゃなくって、今はそのことがもっとも大事。

だけど、会社員しかやってこなかったから知恵が浮かばない。
もっといろんなことを知りたい。
そうして、学びの日々が始まりました。

すると。

ストレングスファインダーの結果もオモシロイようにそれを表している。

  1. 学習欲
  2. 未来志向
  3. 個別化
  4. ポジティブ
  5. アレンジ

ほほーーっ!栄えある(!)1位が学習欲なのねーw
人間、何歳になっても学ぶことができるのだ。
そんでもって、未来のこと(=100年ライフ)しか、考えてないし。

ストレングスファインダー。
なんて「今、まさに自分」をあらわしてくれているのだろう。

しずかメソッド

コーチのしずかさんは、ストレングスファインダーをご自身のメソッドに落とし込み、それをライフワークとして追求している、とっても素敵な方。

ワタシの診断結果をもとに、ハートフルなアドバイスをしていただけるのが本当にありがたい。

「ねーさんの核はズバリ『アレンジ』。いろんな人から情報と知識を得ることで、何かを生み出せるのですよー」

まさに、言い得て妙。

ワタシって「AさんBさんCさんのそれぞれのパーツをもらってDさんを作り上げる」
っての、結構得意なのよーーん。

それって「TTP(徹底的にパクる)」なのかしらん?って思ってたんだけど、案外、「ねーさんオリジナル」なのかも??

わーーっ。楽しいなぁ。

および、一人で悶々するタイプではなく、常に人とつながることが大事。
うん。確かにそうです。

これからワタシが目指してゆくこと。
あと残り50年をかけてやってゆくこと。

めっちゃ見えてきたヾ(*´∀`*)ノ

ストレングスファインダーは「統計学」

しずかさんに、なぜストレングスファインダーを極めようと思われたのですか?とお訊ねしてみたところ。

「これは統計学。Gallupが優秀なビジネスパーソンの多数データをもとに分析したモノ。そこに魅力を感じるのです。」

いわゆる「人材開発モノ」ではなく、科学的根拠に裏打ちされた確かな導き。

しずかさんの思いと、Gallupのご信念。
なんて唯一無二の素晴らしいものなのだろう。

ワタシも、ストレングスファインダーがとっても好きになりましたw

今日の一言

おかげで、今後ワタシが目指してゆきたい定年後起業の「経営理念」(エラそうでスミマセン、(;^_^A )が見えてきたぞー。

老若男女問わず。

ストレングスファインダーは、人生の道しるべになってくれるありがたい友。

静美千子さんの個別セッションは10月以降一般募集開始予定。
くわしくは、しずかさんのブログをチェックしてみてください。

まずはコチラの書籍にてご自身の診断ができます。

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
会社の管理職/100年ライフブロガー/色々学び人
30数年会社員まっしぐら、定年まであと数年…というところで、会社の組織改編や家族の不調に見舞われお先真っ暗に…。その後、さまざまな学びと素晴らしい師匠たちに出会うことで救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンをもつに至る。このブログではそんな私の思いや実践をお伝えすべく、2017年7月22日から570記事連続、毎日更新中。(2018年10月7日現在)→詳しいプロフィールはこちら