『遠慮しない生き方』鳥居祐一先生出版記念 まるで"パワースポット"のような、鳥居先生と吉田潤喜会長のダブル講演

広告

パーソナルブランディング・コンサルタント/ベストセラー作家 鳥居祐一先生の新刊『遠慮しない生き方』
"尖って輝く"ことを教えてもらえる珠玉の一冊です。

その出版記念講演会が2019年4月3日に東京都内で開催され、私も参加をしてきました。
スペシャルゲストは、ソースの名作「ヨシダソース」を世に送り出してくださった、ヨシダグループの吉田潤喜会長

お2人のお話はまさに"尖って輝く"
まるで「パワースポット」に居るかのような、すばらしい時間でした。

鳥居先生 基調講演

まずは、著者の鳥居先生の基調講演。
新刊のなかの数々のメッセージやその解説、本のタイトル決めにまつわるエピソードなどを聴くことができました。一部をご紹介します。

  • どんな仕事をするか?ビジネスモデルではなくて、ライフスタイルで選ぶ
    →会社員を辞してご自身の仕事を見出すときに、これがポイントになった
  • まずは「軽いノリ」でやってみることで、いいのだ。それがなにかに発展してゆくことも多い
    →主催されている「大人の遠足」や「大人の修学旅行」は、最初はこの発想から始まった
  • 学んで実施して終わり・・ではなく、必ずアウトプット(情報発信)をする
  • とにかく、ナチュラル(自然体)であれ

いつも、とびっきりの笑顔でお話される鳥居先生。「遠慮せず、かつ、ナチュラルに人生を楽しんでいる」というお姿そのものなのですよね。

吉田会長 特別講演

次は、吉田潤喜会長のスペシャルトーク。
19歳のときに単身渡米、ご苦労をされながらも「ヨシダグループ」を築き上げ、今日の発展を遂げられた吉田会長。その"人生哲学"の一片を聴くことができました。

  • 自分で決断したことは、後悔しないで済む
  • もっとも大切なのは「パッション」
    自分が心底、情熱をもって取り組んでいるか?
  • 辛いことがあって、目の前の扉がぴしゃーーっと閉まっても、心をピュアにしていれば、どこかに新たな扉が見えてくるものだ。
    人のせいにしたり、文句を言っているうちは、見えてはこない
  • 成功はすべて常識の外にある
  • バスが動かなくなったら、自分が後ろに回って押せばいい。そのうち誰かがいっしょに押してくれるかもしれない

とくに、事業が立ち行かなくなって資金が底を突きつつあったとき。
それまで、娘さん(吉田会長のご夫人)の結婚にずーっと異を唱えていた義理のお父さまが、初めて「息子よ(My son)」と呼びかけてくれ、大切な退職金を貸してくださった。そのおかげで建て直しができた・・というお話には心底感銘しました。

吉田会長に教えてもらったこと。
どんな仕事をしていても、どんな人生を歩んでいても、つねに立ち返ることのできる"気づきの宝庫"です。

今日の一言

興奮醒めやらぬ翌朝。

いちばんに届いた鳥居先生のメルマガには、講演会開催と参加者への感謝の言葉があふれていて、それを見てさらに嬉しくなった。

「尖って輝く。そして感謝を忘れない」

この本に書かれてあった大切なメッセージを、まさに日々実行されている、その姿にあらためて心打たれました。

「尖って輝く。そして感謝を忘れない」
私の、あらたな座右の銘となりました。

鳥居先生の新刊はコチラ

吉田会長の書。「ヨシダライフ」「ヨシダビジネス」のエッセンスがたくさんつまっています

☆「100歳以上生きる」を目指すために
この本に書かれてあることを1つ1つ実践しています☆

Amazonへ見にいく

広告

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
会社管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職。このままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンを持つ。

→詳しいプロフィールはこちら