文章を書くとは読者貢献 あらためて気付きをいただけた 山口拓朗さん刊行記念講演会 

広告

ブログを書いているワタシ。少々悩みがありました。
本やセミナーで学んだことをお伝えしたい。でも、どこまで書いて良いのだろう。どこまで「ネタバレ」しちゃって良いのだろう。

インターネットという、全世界共有の資産をお借りしているのだから、キチンと使わせていただかねば。

そんなことばかりにとらわれてしまっていて、書く記事もちょっと「ふわっと」してしまっていました。

そうした折に、文章術のご専門家・山口拓朗さんの新刊『そもそも文章ってどう書けばいいんですか?』を読ませていただいて、とても心に刺さりました。

本書の刊行記念講演会が開催されると知り、文章を書くことについて、自分のなかの葛藤をクリアしたく、参加させていただきました。

文章術、7つのポイント

山口拓朗さんは「文章術」について、限られた一時間のセミナーのなかで、熱く的確に語ってくださり、とても感銘しました。

大切な7つのポイントを、分かり易く教えてくれます。

  1. 読む人の反応を設定して書く
  2. 一文一義(意)
  3. 固有名詞や数字などを用いて具体的に書く
  4. 同一情報はまとめて書く
  5. 細分化する
  6. 読者貢献(書くとは、読者とのコミュニケーション)
  7. 文章作成とは、自問自答の連続

めっちゃシンプルで明快なことばかり。

悩んでいたワタシ・・・だんだん心の靄が晴れてきました。

書くこととは、読み手本位

こうした点をふまえて、書くこととは。それはつまり、「読み手が知りたい(喜んでくれる、納得してくれる)内容であること。」

書き手目線じゃなくって読み手目線。読み手本位。

大切なのは、読者貢献なのだとあらためて気付かせていただきました。

決めました

読者貢献のためって書いたことが、ネタバレでも、ええやん。
それってちょっと・・・と誰かに指摘されたら、直せばええやん。

自分の感じたこと。伝えたいと思ったこと。それをヒタスラ書いていこう。

そう決めました。

したら。とってもキモチが楽になれました。

ワタシは、書く!

拓朗さんにサインしていただいたメッセージ。「あなたは書ける」

あらためて心に刻むことができました。
「ワタシは書く!」

素敵なご本を届けてくださった拓朗さん、「講演会の内容もなんでもブログに書いてオッケーですよー」とおっしゃってくださった、版元(日本実業出版社)編集者の荒尾さんに、心より感謝しております。

すべての「書いている人々」に。超絶おススメの一冊です。

広告

この記事を書いた人

ねーさん

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら