「細胞から若返る! テロメア・エフェクト 健康長寿のための最強プログラム」 エリザベス・ブラックバーン、エリッサ・エペル 著(NHK出版)

広告

ワタシのテーマである、”100年ライフ”。

それを目指すために、さまざまな書から気付きをいただけます。

「テロメア・エフェクト」。
コチラの書は、師匠の樺沢紫苑先生のメルマガで教えてもらいました。

「テロメア」ってなんだ?

ワタシにとっては、少々聞き慣れない言葉です。
本書の冒頭で「テロメアとは?」についてを教えてくれます。

「テロメア」とは、染色体の先端部分を指し、寿命を司り、加齢とともに短くなるとされているもの。

つまり、寿命の司令塔のようなものなのですね。

本書は、テロメア研究によりノーベル賞を受賞された著者自らが、そのしくみを解説するとともに、最良の健康法を示唆してくれるガイドブックともいえます。

靴紐の先端にあるプラスチックのように、DNAがほどけるのを防ぐ。いわゆる老化の防止キャップ。
すり減ってゆけば、靴紐そのものも使い辛くなってしまう。

とても分かりやすい例えです。

テロメアをより長く保つために

次に、その”長持ちの秘訣”についてを以下のカテゴリーごとに詳しく解説してくれます。

  1. ストレス
  2. 運動
  3. 睡眠
  4. 食事
  5. 社会的環境

偶然にも、これらのカテゴリーは、今までワタシが学んできた書のすべてに網羅されているのです。

大切なこととは、そのテーマを問わず、つねに普遍的なのですね。

チェックテストも随所にあり、自分のテロメアがどういう状況にあるのか?を客観的に測ることもできます。

あらためて、それぞれのカテゴリーで書かれていることを実践してみよう。
自分のテロメアに敬意を払って大切にしていこうと
思いました。

今日の一言

ただ時間的に長いだけでなく、より質の高い人生を送ってほしい。
健康で幸せに長生きしてほしい。

「あなたのテロメアを守るために最良の方法が盛り込まれている。」

著者の願いが込められた珠玉の書。400ページ強でとても読み応えがありますが、ワタシのLIFE SHIFTの教科書にまたあらたな一冊を加えることができました。

人間も生物ですから、科学的根拠にはつねに裏打ちされているのですよね。
そんなことに気付かせてくれる、科学者さんとは本当に偉大ですw

広告

この記事を書いた人

ねーさん

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職となって15年。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら