エチエンヌの絶品かき氷【新百合ヶ丘グルメ】オススメポイント・注文方法・注意点・お店情報

広告

こんにちは。美味しいかき氷には目がない ねーさん(@nesan_blogger)です。

神奈川県川崎市/小田急線新百合ヶ丘駅から徒歩8分の洋菓子名店「エチエンヌ」のかき氷が絶品だったので、ご紹介。

フルーツそのもの自家製果汁シロップと果肉たっぷり、メニューによっては素材を使ったジュレが底に敷いてあるのも楽しめるオススメポイントです。

エチエンヌのかき氷 メニューとオススメポイント

2021年7月4日訪問

時期ごとにメニューは様変わりしますが、この記事を最初に書いた2021年7月4日時点のメニューは以下のとおりです。

ピスタチオフレーズ、ブルーベリーチーズ、西内小夏、佐賀県産のブラットオレンジ

上にホイップクリームが乗っていたり、マスカルポーネチーズが含まれていたりと、バラエティ豊かなラインナップが楽しめる。

とても蒸し暑い日だったこともあって、サッパリした味がいいいなぁと思い「佐賀県産ブラッドオレンジ」を選びました。

真っ赤なブレッドオレンジのシロップと、氷のなかに果肉が所々含まれていて、底にはジュレが敷かれているのも絶品ポイントです。

お値段は税込1,188円。

1人では少々多いと感じたので、夫と2人で食べて程良い量でした。一見高額に思えますが、シェアすれば1人あたり500円少々。

このクオリティでこのお値段、大満足です。

2021年7月18日訪問

次に訪れたのは2週間後の7月18日。

ピスタチオフレーズのみ前回と同じでしたが、あとは、まるごと桃杏仁(売り切れでした)、桃ミルク、幸福丸「杏」

このお店を教えてくれた友人が「桃は絶対食べるべき」とイチオシしていたことを思い出し、桃ミルクを選びました。

桃の優しい味(しかも綺麗なベビーピンク色)と練乳がベストマッチ。氷の上と中には桃そのものがあしらわれているのも絶品ポイントです。

税込1,296円。

エチエンヌのかき氷 注文方法と注意点

次に、注文方法と注意点についてお伝えします。

店内にあるレジカウンターには、洋菓子を購入するお客さんもいるので、順番に並んで店員さんに注文を聞かれるのを待ちます。

かき氷を食べられるスペースは店外のベンチ数席がメイン。先に席を取ってからカウンターに並びます。

順番が回ってきたら、種類と数量を伝えてお会計。その後番号札を受け取って席で待機。

オーダーしてからは5〜10分ほど待ったのちに店員さんが席まで運んできてくれます。

人気店なのでかなり混雑していることも多いですが、最初に訪れたときは7月初旬土曜日の16時過ぎ。さほど待たずに済みました。

次に訪れた7月中旬は梅雨明け直後で夏本番の日曜日。17時過ぎでしたが、たくさんのお客さんで賑わっています。列に並んで席を確保して、再び列に戻って入店の順番を待って、オーダーして受け取って…という間30分ほどかかりました。

ベンチ席の周辺には蚊取り線香も炊かれていて、虫刺されを気にせずに楽しむことができます。

エチエンヌ お店情報

エチエンヌ」は2011年にオープンした、新百合ヶ丘駅周辺では1,2の人気を争う洋菓子の名店。

Patisserie Etienne(パティスリーエチエンヌ)は、素材の声を聞き、ひとつひとつ大切に心を込めて、誰もが楽しめる、誰もが笑顔になれる。まるで、いつもそこに天使がいるような、遊び心が溢れる場所を目指しております。
ーパティスリーエチエンヌ ウェブページより引用

店内のショーケースには、美味しそうなスイーツがたくさん並んでいる。

お店の外観。新百合ヶ丘駅北口を降りてしばらくした大通りに面しています。

エントランスにはおすすめメニューの掲示板もあって、何を選ぼうかな?というときの参考になります。

かき氷の注文時間。各年によって取り扱い期間が異なるようですが、お店の方に聞いてみたところ、素材の旬が終わる頃まで(2021年は9月初旬くらいを目処)とのこと。

詳しくはお店に直接お問い合わせください。

所在地神奈川県川崎市麻生区万福寺6-7-13 マスターアリーナ新百合ヶ丘1F
電話番号044-455-4642
メールアドレスinfo@etienne.jp
営業時間10:00~18:00、月曜日定休・火曜日不定休
クレジットカード利用可(VISA・MasterCard)
駐車場なし。近辺のコインパーキング利用のこと
ウェブページエチエンヌ

ランキングに参加中!
にほんブログ村のランキングに参加中です。下のバーナーをポチッと押して、応援いただけると嬉しいです。
にほんブログ村 転職キャリアブログ キャリアへ
にほんブログ村

広告

この記事を書いた人

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職となって16年。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら