家庭薬膳レストラン『旬穀旬菜カフェ』 ランチで春を感じてリフレッシュ(東京都港区浜松町)

広告

ちょっと疲れているなー、と感じるとき。
私は決まって、このレストランでランチをいただくことにしています。

お店の名前は『旬穀旬菜カフェ』
ロート製薬の運営している福利厚生施設「スマートキャンプ東京」のなかにありますが、誰でも利用ができます。
一汁三菜 旬穀旬菜カフェ | スマートキャンプ東京

「食事をするということは命をつなぐことであり、健康を保つためには(食事で)何を食べるかということがとても大切である」という考え方が、薬膳の中にはあります。スマートキャンプの家庭薬膳はこの思想に基づいた、健康のための食事であり、知恵です。

そのコンセプトにも惹かれて、しょっちゅう訪れているので、ブログにもよく書いています。


職場から徒歩7〜8分くらいのところにあるのですが、疲れているからこそ、太陽の光を浴びて、散歩して「有酸素運動」をすることを心がける。

さて、本日のランチメニュー「蕗入り海老団子の照り焼き」をいただきます。
盛り付けが春らしくって、桜をイメージさせる花麩といい、アスパラガスの鮮やかな緑といい、視覚からも癒されます。ふわふわの海老団子に、ほどよくからんだ甘辛のタレも美味しい。

すっかり気分転換ができました。
リフレッシュして、あと半日がんばれそうです♪

関連ランキング:和食(その他) | 浜松町駅日の出駅大門駅

同じ「旬穀旬菜カフェ」として、フレンチテイストで展開しているレストランが、大阪・梅田にもあります。
旬穀旬菜 グランフロント大阪店

「働きながら子どもを育てる」を20数年やってきた私のオススメの一冊。
子育てに悩みそうなときには、ぜひどうぞ。

Amazonへ見にいく

広告

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
会社の管理職/100年ライフブロガー
30数年会社員まっしぐら、子育てしながら40歳で正社員復活、その後管理職となり現在に至る。しかし、定年まであと数年…というところで、会社の組織改編や家族の不調に見舞われお先真っ暗に…。その後、さまざまな学びと素晴らしい師匠たちに出会うことで救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンをもつ。このブログではそんな私の思いや実践をお伝えすべく、2017年7月22日から883記事連続、毎日更新中。(2019年3月31日現在)→詳しいプロフィールはこちら