一汁三菜 旬穀旬菜カフェ スマートキャンプ_ロート製薬の福利厚生施設がシェアされた 健康にとても良さそう

ワタシがランチで良く利用する、薬膳レストラン、「一汁三菜 旬穀旬菜カフェ」
東京都港区、浜松町にあります。

もともと、「ロート製薬」の福利厚生施設として、リラクゼーションやお食事などの健康促進の場として創設されたものを、せっかくだから、社外にも広く利用してもらいたい。との思いのもと、店舗として展開されています。

東京都内・浜松町と、大阪の梅田(グランフロント)にもあるようです。

一汁三菜 旬穀旬菜カフェ

浜松町駅から金杉橋方向に行った線路沿い。
少し奥まっていますが、メニューの看板がお出迎え。

毎日、お肉orお魚のメインディッシュ&季節のお野菜中心の副菜二品+お味噌汁で楽しませてくれる。月替わりメニューとして、”薬膳カレー”もあります。今月はきのこのカレー。

ごはんは、玄米か白米を選べるのですが、ワタシはいつも迷わず玄米。

それぞれの食材の効能も書いてあって嬉しい。

本日は、”鳥モモ肉のアーモンド揚げ”または、”鯖の香味パン粉焼き”
ワタシは鳥モモ肉の方にしました。

サクサクアーモンドとお肉の柔らかさが絶妙w

小鉢は、カブと大根の一夜漬け。塩味が優しい。

もう一品は、百合根と柿の白和え。柿の甘みとゴマの香りが箸休めにピッタリです。

お味噌汁はシメジと玉ねぎ。ほとんど飲み終わりのショットになっちゃいました(笑)

どれも、とっても体によさそうなホッコリするお味ですw

スマートキャンプ

この施設の総称「スマートキャンプ」。とてもユニークな名称ですね。
東京、大阪、それぞれに特徴があるようです。

スマートキャンプ東京では、今の自分に必要なエネルギーを「取り込む」家庭薬膳、東洋医学と西洋医学の視点で全身を「緩める」リラクセーション、身体をしっかり支えられる足を「取り戻す」フットケア、体調を「整える」ケア鍼灸、そして「鍛える」ピラティスを展開しています。

スマートキャンプうめきたでは、フレンチの巨匠三國シェフプロデュース薬膳フレンチレストラン「旬穀旬菜」、頭からつま先までのトータルケア 「ホリスティックラボ」、食を未来へ繋ぐ都会型農園「旬穀旬菜シティファーム」を展開しています。

コンセプトも東西でそれぞれ異なるんですね。
機会あれば、うめきたにも行ってみたいなー。

今日の一言

健康のためのよいこと。たくさんありますが、やはりお食事はその原点でもありますよね。

ちょっと心身が疲れてるかな?
体にいいもの食べたいなー。

そんなとき、是非お薦めのレストランです。
旬穀旬菜Cafe
ジャンル:薬膳料理
アクセス:JR京浜東北線浜松町駅金杉橋口 徒歩7分
住所:〒105-0014 東京都港区芝1-7-5 ロート東京ビル1F(地図

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
☆炎の会社員&LIFE SHIFTブロガー☆

会社員のプロ/ブロガー/主婦です。
30数年会社員まっしぐら。しかし、定年まであと数年…今後のLIFE SHIFTを目指しさまざまな学びにチャレンジしています。このブログでは、私のそんな思いや実践を、同じ世代の方々や、その後ろの、背中にいらっしゃる世代の方々にお伝えしたいです。→詳しいプロフィールはこちら