10年前懇意にしていたクライアントさん 久しぶりに会いにいくことになった【女性管理職の仕事日記2019.4.17】

広告

我が勤務先に入社して17年。
入社後15年間は、現在と別分野の業務を実施していました。

10年ほど前まで、大きな取引をしてくださっていたクライアントさん。
ご本人も濃いキャラだし、取引内容も濃く深くだったため、ずいぶん思い出があります。

あらたな提案をしたら、満面の笑みで喜んでくれたこと。
クレームが発生し、頭から湯気を出さんばかりの剣幕だったこと。

しかも、ちょっとコワモテで、定番スタイルが紺色のダブルのスーツ。妙に似合っていた(笑)

最後にお会いしたのは、彼が大阪に転勤されて商談しに行った2009年の夏。その後は徐々に取引が終息していって、いつのまにかお別れとなりました。

とある最近の日。

うちのメンバーさんが、クライアントさんとメールやりとりしているのに、私もccで参加。
すると、懐かしい彼の名前もccに入っているじゃありませんか。

「この方って、ひょっとしてダブルのスーツ着て、ちょっとコワモテなお方かしらん?」と聞くと
「そうです!そうです!」と即答が返ってくる。

おーー。お元気だったのねー。本社に戻ってきたのねー。しかも、相変わらず「ダブルのスーツ」

私も2年前に部署を移ったけれど、彼も同じ分野の部署に変わっていたとは。なんとも奇遇なものです。

そんな感慨に浸っていたのも束の間。
吸い寄せられるかのように‥ミスが発生してしまい、謝罪にいくハメになりそうだ。

10年ぶりの再会だというのに、「湯気頭」を見ることになるとは・・なんかユウウツだなー。

でも、どこか、ものすごく懐かしい。
叱られにいくというのに、ちょっとワクワクしたり。

久しぶりに「ダブルのスーツ」を拝むとするか(笑)

一部上場企業にて女性管理職15年の私が、あなたの悩み解決をお手伝いします。すでに女性管理職で活躍されている方、これから目指したいと思っている方、女性管理職とともにお仕事をされている男性の方、企業の育成担当者の方、どうぞお気軽にお問い合わせください。

広告

この記事を書いた人

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職となって15年。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら