ランチが楽しめないと仕事もやる気が起きず 食は「気力の源」でもある

毎日の会社員ライフ。リフレッシュに欠かせないのが外食ランチです。

今日はどのお店に行こうかな?
何を食べようかな?
道々で出会った風景や、舌鼓を打ったお料理や‥写真に収めるのもワクワク。
また、それらを元にブログの下書きをしたり。

ほんの1時間ではありますが、めいっぱい活用しています。

ところが、本日はその楽しみがお預け。
明日、大腸内視鏡検査を予定していて、数日前からの食事制限があるためです。

「食べてはいけないもの」というチラシを病院から受け取ったときから、すでにユウウツに。
なぜならばそこには、ワタシの好物ばかりが並んでいる。
トマト、タマネギ、キャベツ、キノコ、海苔、胡麻‥etc.
いわゆる"繊維食品"は、腸内に残りやすいため「腸内空っぽ」が必須の検査には、避けねばならないとのこと。

とほほほほーーー。

仕方なく「前日の昼ごはんに推奨」と、やはりチラシに書かれてあった"素うどん"にします。
お汁とうどんのみ。さみしーなー。
あっと言う間に食べ終わっちゃった。

すると。

午後から全く仕事のやる気が起きず。
ほぼ、デスクにボーッと座ってPCを眺めているだけ‥。
だんだん腹ペコになってきて、頭の中は食べ物のことばかりがグルグル回り出す始末。

もう、帰って寝ることくらいしかできなさそうだ。

健康管理のためとはいえ。
"食が好きなように摂れない"というのはツライものだと、あらためて気付きました。

「食」って、気力の源でもあるんですよねー。

いつもそのパワーをもらっていることに、感謝です。

検査が終わったら、
イタリアンでトマトやキノコ三昧もいーなー
天ぷらもいーなー
‥そんなことを夢見つつ(笑)

あと十数時間、しのぐとしよう。

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
会社の管理職/100年ライフブロガー/色々学び人
30数年会社員まっしぐら、定年まであと数年…というところで、会社の組織改編や家族の不調に見舞われお先真っ暗に…。その後、さまざまな学びと素晴らしい師匠たちに出会うことで救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンをもつに至る。このブログではそんな私の思いや実践をお伝えすべく、2017年7月22日から640記事連続、毎日更新中。(2018年10月31日現在)→詳しいプロフィールはこちら