仕事で何かを教わったときに、ひとまず「はい、わかりました」と返事をするのがおススメです

広告

仕事で人に何かを教えたり教わったり‥というのは常。

そのことを理解・習得している側が、初めて取り組む側に教えることになりますが、
とある日。

教え係をしていた「先輩氏」がぼやいています。

「後輩のAさんって、教えたりアドバイスしたことに対して、『はい』って言わないんですよ・・。
『え、でも。こうじゃないですか?』って必ず返してくるのです。自分のやり方にこだわりがあるのかなあー。
なんか、1人でできるようになるか不安です・・」

確かにいます、このタイプ。
しかも、教えられたとおりに実行しないから、ミスをしてしまう。

それまでの経験とか、自分の考えとか、いろいろあるのだろうだけれど。

とにかく「はい、わかりました」と言うのがおススメ。
心の中で「いやーちがうんだけどなー」と思ったとしても、「はい」と言葉に出すことで、よりニュートラルにとらえることができる。

で、「いやーちがうんだけどなー」と思ったとしても、まずは教えてもらったとおりに、素直に実行してみる。
自分流は、土台が固まってから発揮すればヨシ。

こんどAさんに会ったら、コレを伝えてみよう。
教えてもらったことは、いずれ、自分が誰かに教えることになるのだから。

「働きながら子どもを育てる」を20数年やってきた私のオススメの一冊。
子育てに悩みそうなときには、ぜひどうぞ。

Amazonへ見にいく

広告

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
会社の管理職/100年ライフブロガー
30数年会社員まっしぐら、子育てしながら40歳で正社員復活、その後管理職となり現在に至る。しかし、定年まであと数年…というところで、会社の組織改編や家族の不調に見舞われお先真っ暗に…。その後、さまざまな学びと素晴らしい師匠たちに出会うことで救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンをもつ。このブログではそんな私の思いや実践をお伝えすべく、2017年7月22日から798記事連続、毎日更新中。(2019年1月31日現在)→詳しいプロフィールはこちら