引退される職場の先輩との対話「もう66歳、いえいえ、まだ66歳」 今後の自分について思い浮かべてみる

広告

以前に業務上でかかわりのあった別部署の方と、勤務先ビルのエレベーター待ちのところでバッタリお会いしました。
我が勤務先は、60歳で正社員定年、その後再雇用で65歳定年・・というしくみとはなっているものの、
昨今はそれを超えても勤務している方々が増えてきました。

たしかこの方も、定年後再雇用で、さらにその定年後もご勤務されていたような。

「私もとうとう退職することとなりました。もう66歳なもんですから。」

その後はどうされるのですか?とお訊ねしたところ「年金生活です」と、ちょっと寂しそうな、一方で安堵したような、はにかんだ笑顔が印象的でした。

思わず「人生100年時代。66歳、まだまだじゃないですかーー」と叫びそうになりましたが(笑)
そうこうしているうちにエレベーターが来てしまい、話しが終わっちゃいました。

66歳・・今の自分にとっては、あと10年後だけれど、そのときどう考えてなんの仕事をしているのだろう?
きっと、今のままこの会社でハッスルしていそうな気もするし、そうでないかもしれない。

時流に乗ってひょっとしたら、我が社の「定年制度」もなくなっているかもしれない。

会社仕事が好きなのはもちろんだけれど、自分のビジネスにもチャレンジしてみたい。
なんだか夢がふくらむなー。

「いやーー。まだまだ66歳なんでねー。アレもやりたいコレもやりたいが多くて困っちゃうのよー。年金?そういや、そんなのあったわねー」

そんなふうに言えるようになれたら、いいな。

そのためにも、毎日楽しいことをして、健康にも気をつけて、これからも過ごしてゆかなくちゃ。

☆「100歳以上生きる」を目指すために
この本に書かれてあることを1つ1つ実践しています☆

Amazonへ見にいく

広告

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
会社の管理職/100年ライフブロガー
30数年会社員まっしぐら、子育てしながら40歳で正社員復活、その後管理職となり現在に至る。しかし、定年まであと数年…というところで、会社の組織改編や家族の不調に見舞われお先真っ暗に…。その後、さまざまな学びと素晴らしい師匠たちに出会うことで救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンをもつ。このブログではそんな私の思いや実践をお伝えすべく、2017年7月22日から964記事連続、毎日更新中。(2019年5月31日現在)→詳しいプロフィールはこちら