黒のスーツを着るのは、どんなときだろう? 会社員で女性の私の場合

広告

クライアントさんとのアポイント。しかもクレームがらみの案件です。
昨今、商談の場でもカジュアルな装いで臨むことが増えてきていますが、こういうときは「黒のスーツ」を着用することにしています。

最近、めったに着る機会がなかったけれど、久しぶりに袖を通してみる。
そういえば、どんなときにこの「黒スーツ」は活躍してきたのだろう?

あらためて振り返ってみました。

「相手に敬意を表したいとき」限定で着る

大事な用件のあるとき。
お世話になっていることへの感謝や、ご迷惑をかけてしまったお詫びに、心を込めたいとき。

相手に「特段の敬意」をお伝えするのに、黒のスーツでいると、より気が引き締まる。

しょっちゅう着ていると、その緊張感も薄れがちなので、こういうとき限定で。と決めています。

ある意味「勝負服」みたいなものかな。

デザインは「黒地に細い白ストライプ」のスカートスーツ

私が持っているアイテムは、動きやすいパンツスーツのほうが多いのですが、かしこまったときは、スカートスーツにします。

黒無地だと、ちょっとシンプル過ぎかな?と思い、黒地に細い白ストライプの入った、襟付きジャケットのデザインを選ぶ。

これを、冬用と夏用とそれぞれ1セットずつ用意しています。
めったに着ないので、もう10年以上も長持ちしている。

このタイプ、たいていどこのお店にも揃っているので、探し回らなくてもよいのも便利です。

一方、インナーは「白」と決めつけずに、多少色がついていたり、シャツではなくカットソータイプだったり・・いくつかのパターンをもっておくと、飽きずに着まわせます。

グレーや紺のスーツも持っていますが、やはり「ここぞ」というときは黒。
この色には、そんな特別な雰囲気があるように思います。

今日の一言

黒スーツの日。夜は友人たちと会う予定がありました。
「おや。ねーさんのスーツ姿、初めて見たよー」とみんなに言われた。

そういや、ここ2年くらいほとんど着ていなかったなー。

今回の商談は、かなり緊張する場面が多かったけれど、無事終了。
スーツよ、おつかれさん。そして、しばらくさようなら(笑)

☆「100歳以上生きる」を目指すために
この本に書かれてあることを1つ1つ実践しています☆

Amazonへ見にいく

広告

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
会社の管理職/100年ライフブロガー
30数年会社員まっしぐら、子育てしながら40歳で正社員復活、その後管理職となり現在に至る。しかし、定年まであと数年…というところで、会社の組織改編や家族の不調に見舞われお先真っ暗に…。その後、さまざまな学びと素晴らしい師匠たちに出会うことで救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンをもつ。このブログではそんな私の思いや実践をお伝えすべく、2017年7月22日から964記事連続、毎日更新中。(2019年5月31日現在)→詳しいプロフィールはこちら