【二人の専門家から真逆のアドバイスを受けた】自分を見失わないための3つのポイント

広告

こんにちは。女性管理職19年の いくみ(@nesan_blogger)です。

友人から相談を受けました。彼女は新しいチャレンジに向けて精励、その腕を競う大会に参加する準備をしている最中。

主に二人の専門家からアドバイスを受けていたけれど、究極それぞれから真逆の意見をもらい、どうすれば良いか迷ってしまったというのです。

こんな時の対処法。私の経験も踏まえて3つのポイントをご紹介しつつ、解説します。

真逆の意見に悩んだ時の対処法

一人の専門家は「ここをこう直すべき」と具体的な修正箇所を指摘。一方、もう一人の専門家は「原案のままでよい。直す必要はない」との意見。

友人はどちらのアドバイスも素直に受け入れたいと思う反面、何が真に大切なのかが分からなくなってしまったようです。

私も過去に似たような経験がありました。異なる意見に挟まれて、自分の軸を見失いそうになることは少なくありません。

そんな時、私は3つのポイントに注意して対処してきました。

ココがポイント

  1. 自分の目的を再確認する
  2. 軸を見失わない
  3. 感謝の気持ちを伝える

さらに詳しくお伝えします。

真逆の意見を受けての、3つの対処法

自分の目的を再確認する

まず、自分が何のためにそのプロジェクトに取り組んでいるのか、改めて目的を確認することが肝要です。自分が最も伝えたいことは何か?そして、伝えたい相手へしっかりと届けることができるのか?

アドバイスを受けることは良いですが、そこに翻弄されてしまい、最終的に何を目指しているのかを忘れるようではいけません。

軸を見失わない

どんなに多くのアドバイスをもらっても、自分の軸を見失わないことも大切。

今回相談をもらった友人には、「アドバイスを聞き入れるのは大切だけれど、自分自身が最も取り組みたい軸を優先してほしい」と伝えました。

揺るぎない信念や価値観に基づいて行動することが、最終的には成功に繋がるのです。

感謝の気持ちを伝える

一方で、アドバイスをくれた人たちに対して、最終的にその通りに進めなかったとしても、何かお返しをしたい…と気になることでしょう。

もらった意見は鵜呑みにしなかった、でもそのことについて詳しく言う必要はなく「色々参考になりました。ありがとうございました」と感謝の気持ちを伝えればよし。

それによって、きっと今後も関係性を良好に保つことができるものです。

最後にひとこと

誰でも、新しいことに挑戦するとき、さまざまな意見やアドバイスに悩むことがあります。

しかし、自分の目的を再確認し、軸を持ち続け、感謝の気持ちを忘れないことで、迷わずに進むことができる。

もし同じような状況に直面したときには、この3つのポイントを思い出してみてください。
きっと、あなたの道を照らしてくれるはずです。

Youtube

一部上場企業にて女性管理職19年の私が、あなたの悩み解決をお手伝いします。すでに女性管理職で活躍されている方、これから目指したいと思っている方、女性管理職とともにお仕事をされている男性の方、企業の育成担当者の方、どうぞお気軽にお問い合わせください。

ランキングに参加中!
にほんブログ村のランキングに参加中です。下のバーナーをポチッと押して、応援いただけると嬉しいです。
にほんブログ村 転職キャリアブログ キャリアへ
にほんブログ村

ご提案・ご依頼を受付しています
この記事について、または「ねーさんらいふ」運営者へのご提案・ご依頼を受付しています。

広告

この記事を書いた人

アバター画像

いくみ@女性管理職&ブロガー(ねーさん)

ビジネス書著者、講師(女性管理職の専門家)、ブロガー、ワーキングマザー30年。

40歳で正社員復活し、現在は上場企業で19年管理職。「人生100年、仕事やライフワークや色んなことにチャレンジしつつ、めいっぱい楽しもう!」というビジョンのもとブログを始めとして、SNS、メルマガで情報発信中。山手線 全駅の記事も人気。2023年4月初出版『女性管理職が悩んだ時に読む本』好評発売中。

→詳しいプロフィールはこちら

→メルマガ登録はこちら