【トラヤカフェ・あずきとカカオのフォンダンスモール】クライアントさんへの手土産は何にしよう?と悩んだときにオススメなお菓子

広告

こんにちは。クライアントさんに時々手土産を持って行くことがある、ねーさん(@nesan_blogger)です。

仕事上の手土産って意外と難しい。
そんなときにオススメなのが、羊羹で有名な虎屋さんの展開する"トラヤカフェ"の看板お菓子『あずきとカカオのフォンダンスモール』

さっそくご紹介します。

職場で喜ばれる手土産のポイント

送られる側の立場にたって、職場で喜ばれる手土産のポイント。私が大切だと思うことをまずお伝えします。

ココがポイント

  • 女性が多いのか?男性が多いのか?…わからないから、どんなひとにも喜んでもらい易いもの
  • 個別包装で、一個がかさばらない大きさ
  • バリバリ音を立てずに食べられる
  • 小腹が空いてちょっと甘い物が食べたいなーというときに助かる

色々な商品がありますが、こうした点を叶えてくれるのが『とらやカフェ・あずきとカカオのフォンダンスモール』なんです。

トラヤカフェ「あずきとカカオのフォンダンスモール」の特徴

なぜ、このことに気付いたか?と言いますと、取引先さんが手土産に持ってきてくれから。

実際に食べてみて、その魅力に取り憑かれました。特徴をお伝えします。

手のひらサイズ

我が職場はフリーデスクで、一人一人が使える面積も限られています。
ちょっとしたお菓子を食べるのにも、小さいものだったら周りへの気兼ねが少なく済みます。

老若男女問わず、楽しむことができる

老若男女が入り乱れている我がメンバー構成。洋菓子がやや苦手、和菓子のあんこがやや苦手…それぞれ嗜好があるものですが、このお菓子は、ショコラ味もあんこ味も主張しすぎることがなく、和洋それぞれの良いところが活かされています。

あんとチョコレートの濃厚な味わいが魅力。TORAYA CAFEのスペシャリテ。
こしあん、小倉あんとチョコレートを合わせ、しっとり、濃厚に焼きあげました。ほのかに香るシナモンやポートワインがアクセント。和菓子派、洋菓子派どちらにも満足していただける看板商品です。
ートラヤカフェ ウェブページより引用

チョコレート、あんこがミックスされていると、とってもさっぱりした味わいなのです。
どのメンバーもパクパクいただいていました(笑)

あずきとカカオのフォンダン スモール | 焼菓子 | TORAYA CAFE/トラヤカフェ

小腹が満たされる

仕事をしているととかく小腹が空く時間帯ってあるものです。
そういう時って、ちょっとした甘い物が食べたくなったりする。

私がいただいたのは15時頃でしたが、業務終了まで空腹感を感じずに済みました。

トラヤカフェ「あずきとカカオのフォンダンスモール」を手土産にするとき

この商品を手土産にするときの注意点も合わせてお伝えします。

各店舗に足を運んで購入することができますが、セット商品は他のものと組み合わされていたりするので、このフォンダンスモールだけを箱に詰めてもらうことが可能です。

店舗一覧はコチラ。
お店とメニュー | TORAYA CAFÉ/トラヤカフェ

同じ形状で異なるテイストの商品「あずきとカカオのガトースモール」もあり、両方を取り混ぜて…というパターンもひとつですが、職場で配るときは1種類の方がみんなが迷わずに済むかもしれません。

箱の大きさも3個入り〜12個入りまでいくつか種類がありますが、いずれも1箱200〜300円程度の有料です。

【あずきとカカオのフォンダンスモール】

値段 1個あたり486円(税込、2020年1月現在)
大きさ 3.5×6.5×2.5cm
重さ 60g
賞味期限 製造から21日

箱は、包装紙がないゴムバンドで止めるタイプの物が便利。包装紙があると、職場で開封したりゴミに捨てたりするのが面倒なのです。

オンラインでも購入可能ですが送料がかかります。箱の指定の仕方などが少々わかりづらい点もあるので、コンタクトセンターに電話で問い合わせるとよいです。

0120-45-4121:受付時間: 9:00 ~ 17:30

TORAYA CAFE | とらや・TORAYA CAFEオンラインショップ

最後に一言

手土産って、昨今はあまり利用されなくなってきているかもしれませんが、ちょっとした気遣いというのは嬉しいもの。

「何か持って行こうかな」と悩まれたときに、この記事が参考になれば幸いです。

一部上場企業にて女性管理職15年の私が、あなたの悩み解決をお手伝いします。すでに女性管理職で活躍されている方、これから目指したいと思っている方、女性管理職とともにお仕事をされている男性の方、企業の育成担当者の方、どうぞお気軽にお問い合わせください。

広告

この記事を書いた人

ねーさん

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら