文章術に役立つ3つのテンプレート 「ストーリー型テンプレート」活用ができていなかったワケと今後についての気づき【山口拓朗さん出版記念講演会】

広告

こんにちは。ブログを書くときに、どうやったらより読者さんに伝わるか?いつも悩んでいる、ねーさん(@nesan_blogger)です。

伝わる文章の専門家・山口拓朗さんの新刊『世界一ラクにスラスラ書ける文章講座』は、"3つのテンプレート"を活用して、より伝わる文章作成へと導いてくれる本です。

出版記念講演会に参加して、実際のワークもやってみて。
とくに私ができていないなーと気付いたのが「ストーリー型テンプレート」

さっそく紹介します。

「ストーリー型テンプレート」とは?

ストーリー型テンプレートとは、以下のような流れで伝えていく方法です。

A :過去につらかったことや悩んでいたことの開示
B :なぜ悩んでいたのか?についての説明
C :それを克服した経験
D :その後の未来に向けてのメッセージ

その内容に『落差』があることで、より相手に刺さる。

確かに"できています物語"よりも、"できなかったけどできるようになった物語"のほうが、共感できるものです。

なぜ私は「ストーリー型」ができていなかったのか?

講演会参加で気付いた「なぜ私はこの方法があまりできていなかったのか?」についても考えてみました。

できていなかったのにできるようになったこと。
たくさんあります。

でも、その過程がどこかへいっちゃって、できたという事実に満足してしまい、そのことばかりを伝えようとしてしまうのです。

つい、わーい!って言ってしまいがち。
とくに他意はないのですが、私の思考グセなのかもしれません。

「わーい!」じゃなくて、その前の「とほほほー」から、まずは始める。

意識して、回路を変えてみよう。

3つのテンプレートについて

その他のテンプレートも含めて、あらためて3つのテンプレートについてお伝えします。 

【1】結論優先型
【2】列挙型
【3】ストーリー型

です。

「結論優先型」のテンプレートは、
A :結論
B :理由・根拠
C :具体例・詳細
D :まとめ
…という流れで書いていく。

「列挙型」も、似たところがあって、まず事例をいくつか示して、それに解説を加えるようにする。

この2つは、私も日頃意識するようにしています。

でも、どの文章でもこの2つである必要はない。
「ストーリー型」を加えることで、自分のブログがもっと広げられるのかもしれない。

ぜひチャレンジしてみます。

最後に一言

この記事も「ストーリー型」を意識して書いてみました。

まだまだ努力が必要です。

迷いそうになったら、またこの本に立ち返ってみる。
ブログだけでなく、文章を書く全ての方々にオススメの一冊です。

広告

この記事を書いた人

ねーさん

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら