新浜橋S3階段下のトンネル JRの線路下をくぐる不思議な空間(東京都港区 浜松町)

広告

ワタシの勤務先は浜松町(東京都港区)にあります。
すぐ近くが古川の河口、その先が東京湾の竹芝地区。

いつも「新浜橋(しんはまばし)」という通路を通ります。
この橋のS3階段下に降りてJRの線路下をくぐると、都営地下鉄の大門駅方面に出られるのですが、このトンネル、なんとも不思議な空間。

S3階段の窓からは新幹線がしょっちゅう見える。

トンネルの入口にある案内板。

アチコチに落書きがある。

近くにある「港区障害福祉センター工房アミ」のみなさんの作品。

なんかちょっと異国のダウンタウンのようです。

東京都港区海岸1丁目3

ランキングに参加中!
にほんブログ村のランキングに参加中です。下のバーナーをポチッと押して、応援いただけると嬉しいです。
にほんブログ村 転職キャリアブログ キャリアへ
にほんブログ村

広告

この記事を書いた人

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

ワーキングマザー28年、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で16年管理職。「100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を増やしたい」というビジョンを広げるためブログで情報発信中。山手線 全駅の記事も人気。

→詳しいプロフィールはこちら