360度評価 「ワタシのよくないところ」コメントは、何かを伝えたいというサインなのかもしれない

ワタシの勤務先では、人材育成の一環として「360度評価」というのを実施しています。

通常の評価は「上司→部下」という一方向ですが、「360度評価」というのはその名の通り「多面評価」。
上司、部下、同僚(チームが違う場合も含む)それぞれから、評価というよりコメントをしてもらうものです。

それはそれで、自分の長所伸展・短所克服に役立ちありがたいのですが、
「よいところ」コメントは嬉しいものの、「よくないところ」コメントは見るのに勇気が要る(笑)

で、ワタシの「よくないところ」をおそるおそる覗いてみると‥
ふむふむーーなかなかに耳が痛い。確かに直さなければー。という点もあり。

一方、「オイオイ、これはちょっと違うぞー」というのもあり。

誰がコメントをしたのかは開示されないものの、おそらくコレは部下さんから。

個性や感情に興味がなく、結果しか見ていない。一見感心を持っているように見受けるので、落胆した。

ほーっ。「結果なんてどうだってよくって、個性や感情、プロセスの方が興味アリアリ」なワタシなのよーん。
逆のことを言われたのは、初めてでした。
そんなふうに見えるのって、何か自分の振る舞い方に問題もあるのかもしれないけど。

もしかしたら。

「もっと、私達のあらゆることを見て欲しい」
というメッセージなのではないだろうか?

確かに、ものすごくケアしてフォローして‥というところには至れていない。言い訳になっちゃうけど、以前のチームに比べて、関わっている歴史もめっちゃ短いし。

もう一つは、おそらく隣チームの同僚から。

チームが違うし、何をやっているのか知らない。コメントのしようがない

これって、よくないトコロ??何をやってるのか知らないって言われても(汗)

もしかしたら。

「私のチームはこんなにしっちゃかめっちゃか忙しいのに、ねーさんのチームは余裕があるみたいで、なんか不公平だわ」
というメッセージなのではないだろうか?

確かに彼女のチームは大変そうです。
一方、ワタシのチームは今は落ち着いている。
それを言われても困っちゃうけど、よっぽどテンヤワンヤしてるのかな。

多面評価。

もちろん、自分が直すべきところは、あるのだけれど。

「ワタシのよくないところ」というツールを介して、相手はきっと、なにかを伝えたかったのかもしれない。

もしかしたら、コレも、多面評価の一つの意味なのかもしれないなー。

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
会社の管理職/100年ライフブロガー/色々学び人
30数年会社員まっしぐら、定年まであと数年…というところで、会社の組織改編や家族の不調に見舞われお先真っ暗に…。その後、さまざまな学びと素晴らしい師匠たちに出会うことで救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンをもつに至る。このブログではそんな私の思いや実践をお伝えすべく、2017年7月22日から640記事連続、毎日更新中。(2018年10月31日現在)→詳しいプロフィールはこちら