テレワークでのシリアスミーティング スムーズにこなすポイント2つ 管理職15年の私からお伝え

広告

こんにちは。2020年春のパンデミックで、テレワークメインな ねーさん(@nesan_blogger)です。

テレワークもしばらく経つと慣れてくるもの。
通常業務はそれなりにさばくことができつつありますが、悩ましいのが「シリアスな課題についてのミーティング」

実際に私が経験して、そのポイントだと思った2つのこと。

ご紹介します。

管理職15年の私が考えている「シリアスミーティング」とは

まず「シリアスミーティング」とはどんなことを指すのかについて。

会社の重要決定事項やら緊急案件やら、対象が「事」であるならば、それがいかに最優先であったとしても、リモートミーティングでいかようにも伝え合うことができます。

一方、管理職15年経験の私が「シリアスである」と考えているのは、「人」にまつわる課題です。

部下さんに、注意喚起を促す必要があるとき。新たな業務を担当してもらう必要のあるとき。別部署に異動指示をするとき…etc.

平常時でも、こうしたときは、必ず対面で相手の顔をみながら伝達するのが私の信念です。

テレワークで「シリアスミーティング」をスムーズにおこなう、2つのポイント

とはいえ。緊急事態宣言でテレワーク推奨の最中に、リアル面談をおこなうことが叶わなくなってきています。

「人」の課題って、先送りしてはいけないことが多い。
止むを得ず、お互いがテレワークのリモート面談で実施する必要が出てきます。

実際そうした経験をしてみて、あらためてそのポイントだと感じた2つの点は以下です。

ココがポイント

  1. 画面上でお互いの顔が見えるようにする
  2. リモート面談だとしても、リアル面談と同様誠心誠意を尽くす

さらに詳しくお伝えします。

画面上でお互いの顔が見えるようにする

我が勤務先では、リモートミーティングの手段としてZoomを利用しています。

一般的な会議の場合、背景に自宅の様子が写ったり、ほぼ身繕いをしていない状況で顔出しするのがはばかられたり…と、多くの社員たちが画面クローズ(音声のみ参加)としていることが多く、私も同様です。

それに慣れてしまうと、いつもと同じ状態で参加しようとしてしまいがちですが、シリアスな課題について個別に話すときは、必ずお互いの顔が見えるようにすることが大切です。

本来ならば直接会って話すべきところ、せめて画面上だけでも顔を合わせる。
できる限り相手の表情や仕草にも気にかけるようにする。

些細な点かもしれませんが、多少なりとも親和性が保てるものです。

リモート面談でも、リアル面談と同様に誠心誠意を尽くす

今回私が対応したのは、ある部下さんについて異動を指示するものでした。

異動前のリーダーと異動後のリーダーにも同席してもらって、4名での面談です。

本人にしてみれば、急な面談依頼で何が伝達されるのだろう?とドキドキしつつ、いきなりの異動指示。
さぞかし負担があることでしょう。

こういうセンシティブな事項について。

私は何故その経緯に至ったのか。そして、送り出すリーダーの気持ちや受け入れるリーダーの気持ちも全て伝えることにしています。

リモート面談でうまくいくだろうか。不安もありましたが、とにかく誠心誠意を尽くす。
どのメンバーたちも、顔を合わせて懸命に伝え合う。

最後には「はい、解りました」と返答がきてほっとしました。

電波でも、思いは伝わるものです。

最後にひとこと

緊急事態で働き方が大きく変わろうとしています。

今まで対面でできていたことも、ままならないときに。

この記事が参考になれば幸いです。

一部上場企業にて女性管理職15年の私が、あなたの悩み解決をお手伝いします。すでに女性管理職で活躍されている方、これから目指したいと思っている方、女性管理職とともにお仕事をされている男性の方、企業の育成担当者の方、どうぞお気軽にお問い合わせください。

広告

この記事を書いた人

ねーさん

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら