ため息、あくび、姿勢‥‥ 何気ないクセを注意するのは難しい

勤務先チームのメンバーAさんの同僚たちから相談がきました。
「Aさんがしょっちゅうため息をついたりあくびをしたりしていて、気になってしかたない。しかも、いつも姿勢が悪くて、どよーんと疲れている様子も‥」

まずは、直属のリーダーさんから注意をしてもらいました。

ワタシの席からは、Aさんの後ろ姿しか見えないのですが、心なしか注意された後、背中がショボンとしているように(笑)

業務は問題なくこなしてくれているので、ちょっとしたクセなのかもしれませんが、オフィス内が静かなゆえ、とかく気になってしまうものです。

夕方近辺になって、ワタシからも声をかけてみました。
普段しょっちゅう話しをしているわけではないので、「Aさん、いいですかー?」と話しかけたら、ギョッとした表情(汗)
「いやいや、ちょっと話しがしたいのよん。」と、ざっくばらんな雰囲気で会議室に移動。

「リーダーから話しがあったよね。ご自身ではどうかなー?」と、"感想"を聞いてみたところ
「あのぉ‥あんまり自覚がないんです。ひと仕事終わったときとかに、つい気が抜けちゃうのかもしれません。」とのお答え。

30代中間〜40代前半くらいのメンバーが多い職場なのですが、Aさんは年代が少し上。
「年取ってゆくにつれ、何気ないしぐさや姿勢も、『老害』みたいになっちゃいがちだから、意識してハツラツとしてみるとか、ため息もボリュームを絞ってみるとか‥そんな工夫をするといいんじゃないかな?ワタシも気をつけてますよー。」
と、「お互い年齢高めどおし」なノリでアドバイス。

それでもまだ、腑に落ちない様子でしたが、
「とにかく『ハツラツ』と『ボリューム絞り』の2個で!」の"スローガン"を復唱(笑)してもらいました。

何気ないクセって、注意するのは難しいものです。

素直に耳を傾けてくれて、「これから気をつけてみますわー。」と言ってくれたAさんに感謝。

周りの人たちが気にしなくなるように、変化があればいいな。

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
会社の管理職/100年ライフブロガー/色々学び人
30数年会社員まっしぐら、定年まであと数年…というところで、会社の組織改編や家族の不調に見舞われお先真っ暗に…。その後、さまざまな学びと素晴らしい師匠たちに出会うことで救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンをもつに至る。このブログではそんな私の思いや実践をお伝えすべく、2017年7月22日から570記事連続、毎日更新中。(2018年10月7日現在)→詳しいプロフィールはこちら