行列はお好き? イラチなワタシは苦手です

広告

平日のランチは1人で行くので、何かと近辺テーブルのお客さんの会話が聞こえてきたりします。

本日行ったレストランでの、となりのオジサマたち。話題は「行列」について。

オジサマA「行列を見ると並びたくなっちゃう。なんか、いいモノに出会えそうで。行列って好きなんだよねー」
オジサマB「うん。わかるわかる」

ほぉーーーっ。そんな考え方もあるのねー。

方やワタシは。

並ぶのはチョー苦手、お好きになれません。
行列を見ただけで引き返しちゃう。

それだけ、その商品やお食事などが人気ですばらしいものなのでしょうが、
ワタシは無理なんです。あきらめちゃいます。

並ばないことにはどうにも仕方がない場合は、もちろん並びますが、他に選択肢がある時はサッサと方針変更。

時間を無駄にしたくない?
並ぶことでお店の評判アップに一役買ってるだけだし?
いえいえ、そんな立派な考えではなく。

単なる「イラチ」なのです。

ちなみに「イラチ」とは

すぐいらいらする性格であるさま。また、その人。せっかち。短気。[関西方言]
-大辞林より引用

「せっかち」というより「イラチ」という表現が、ワタシのキャラにはまさにピッタリ(笑)

例えば、
歩行者信号が点滅しているのが見えたら、遠くからでもダッシュして渡る。
電車は、改札に出る階段orエスカレーター直近の号車に乗る。
‥‥など。

スーパーでレジが行列していると、カゴに入れた品々を元の場所に戻し、買うのを止めちゃう。
夫からいつも呆れられています。

でも。

もうちょっと落ち着いて、ゆったり構えることも大切なのだろうなー。
"短気は損気"とも申しますし。
くだんのオジサマのように「行列」を好きになってみるとするか(笑)

本日のランチは、五島近海(長崎県)天然アジのタタキ丼。

ワタシの勤務先近辺のお店は、11時45分くらいまでに入店すれば、並ばずに席に着けます。

ランチタイムを自由に取れるおかげでもありますが、
やっぱりこの、スンナリ感が好きw

広告

この記事を書いた人

ねーさん

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら