山手線 池袋駅(東京都豊島区)乗降客数は新宿駅、渋谷駅に次ぐ第3位 東武・西武・東京メトロは第1位の乗客数を誇るターミナル駅

広告

通勤や営業の外回りで30年以上お世話になっている山手線。

東京の都心部で環状運転を行い、多くの駅において各方面へと延びるJRや私鉄、地下鉄各線に接続していて、まさに”東京鉄道網の心臓部”

好き勝手にそれぞれの山手線駅を漫遊しています。

今回は池袋(いけぶくろ)駅。乗降客数は新宿駅、渋谷駅に次ぐ世界第3位。東武・西武・東京メトロは第1位の乗客数を誇るターミナル駅です。

池袋駅

所在地:東京都豊島区南池袋1丁目28-1

山の手エリア3大副都心の一つ・池袋に位置するターミナル駅。全体の1日平均の利用者数は約264万人であり、年間に直すと約9億6420万人となる。各社内の駅の中ではJR東日本は新宿駅、渋谷駅に次ぐ世界第3位、東武・西武・東京地下鉄は第1位の乗客数を誇る。現在は合わせて8路線が当駅に乗り入れており、東京都西部や埼玉県南西部からの利用客が多い。
ーWikipediaより引用

山手線の中でもキーになるターミナル駅のひとつ。

出口がたくさんあって少々複雑に見えますが、改札口は一箇所に集約されていて、そこから各々のスポットに向かうことができます。

ちなみに乗り換え私鉄の「西武鉄道」は東口、「東武鉄道」は西口で"東西逆"になっているのも面白いものです。乗り換えの際にはどうぞご注意ください。

池袋駅周辺のスポット

百貨店やショッピングモールが立ち並び、大規模な繁華街・歓楽街が展開。そこかしこがスポットだらけですが、いくつかをご紹介します。

東口:サンシャインシティ

旧巣鴨プリズン(東京拘置所)跡に建設され、1978年4月に地上60階、高さ240mのビル「サンシャインシティ」が完成しました。

商業施設を始め、水族館やプラネタリウム、VR体験ができる「SKY CIRCUS」など、さまざまな楽しみ方ができます。

東口:ビックカメラ

家電量販店のフロンティア企業ともいえる「ビックカメラ」池袋が本拠地です。

東口:ジュンク堂書店 池袋本店

地下1階から地上9階まで、都内最大級の売り場面積と蔵書数を持つ書店。中でも専門書の品揃えが豊富で、駅前から少し離れているものの、常にたくさんの読書愛好家さんたちが訪れています。

西口:東京芸術劇場

東口はやや混雑した印象がありますが、一転、西口には落ちいついた雰囲気のスポットが立ち並びます。

西口駅前にある「東京芸術劇場

東京都が都民のための音楽・演劇・歌劇・舞踊等の芸術文化の振興とその国際的交流を図るため、芸術文化施設として1990年10月に開館したものです。

1階は吹き抜けになっていて、文化施設らしい開放的な雰囲気。

1階にある「ベル・オーブ BELG AUBE(ベルギービールカフェ)」は、芸術鑑賞の前後にランチを楽しめるお店としてもオススメです。

西口:ホテルメトロポリタン

東京芸術劇場からさらに奥に進んだところにあるのが「ホテルメトロポリタン

JR東日本グループのホテルチェーンのひとつで、1985年6月に"池袋西口のランドマーク"として開業されたホテルです。

ここにあるレストランそれぞれ、お値段少々張りますが、落ち着いて食事が楽しめるスポットとしてオススメです。

西口:立教大学

西口を出て徒歩7〜8分進んだところにあるのが、立教大学

長嶋茂雄さんや徳光和夫さんなど著名人も多く通った、蔦の絡まるキャンパス。

今回は訪れることができませんでしたが、キャンパス内にある「学生食堂」は、ハリーポッターの映画に出てくる「ホグワーツ魔法学校の食堂」に雰囲気がよく似ていると評判で、学外の一般客でも利用ができるようになっています。

最後にひとこと

巨大ターミナル駅として、山手線のハブを担っている池袋駅ですが、東口と西口にそれぞれ特徴があるのも、楽しみのひとつです。

山手線一周、どの駅が何区にあるか?については、コチラをどうぞ。

広告

この記事を書いた人

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職となって16年。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら