【文章術を学ぶ】私のおススメ書籍5冊と1アプリをご紹介します

広告

伝えたいことを、読み手にしっかりと伝わるように書きたい。

ブログだけでなく、文章を書くとは、日々悩みの連続です。

そんなときに強い味方になってくれるのが「文章術を学ぶ教材」ですが、種類もたくさんあってどれを選ぶか?迷いますよね。

私がこれまで学んで役に立った【おススメ5冊と1アプリ】をご紹介します。

「そもそも文章ってどう書けばいいんですか」山口拓朗 著

伝える力(話す・書く)研究所所長、文章の専門家である山口さん。
文章術について多数の著作がありますが、とくにこの本は小説&マンガ形式になっていて、より身近に理解しやすいのがポイントです。

「即効!成果が上がる文章の技術」尾藤克之 著

コラムニストとしてご活躍されている尾藤さん。
文章のプロからの「基本に忠実に、文法もふまえて、相手のベネフィットを意識して書こう」というメッセージが刺さります。

「20歳の自分に受けさせたい文章講義」古賀史健 著

「嫌われる勇気」で著名な古賀さん。
"かつての自分に向けて書けば、今を生きる誰かに届く。だから、20歳の自分に向けて"そんな捉え方から文章術を学ぶことができます。

「伝わるスイッチ」深沢真太郎 著

深沢さんは数学の専門家ですが、「数字を使う」という観点で"伝わるとは?"を語ってくれます。

「10倍速く書ける超スピード文章術」 上阪徹 著

著者であり、ブックライターでもある上阪徹さん。より早く正確に仕上げることが求められるのがブックライターの使命。
だからこそ、どう取り組めばよいか?そのコツから導き出された、さまざまな極意を教えてくれます。

「伝わる!響く!動かす!最強文章作成講座」山口拓朗(音声アプリHimalaya)

最後は、冒頭でご紹介した、山口拓朗さんの「音声素材」です。

移動中などで手がふさがっているときにありがたい耳学。この講座では、文章作成についてひとつのエピソードが5分前後(インタビューの場合はもう少し長い)…と手軽に聞けて便利。

現在、39記事がアップされています。※2019年8月時点
これからも随時更新とのことです。

伝わる! 響く! 動かす!最強文章作成講座

今日の一言

以上、私がおススメする「文章術の教材」をお伝えしました。

「書くことについて」学びたいと思ったとき、書籍や音声素材…様々ありますが、選ぶ際の参考になれば幸いです。

☆「100歳以上生きる」を目指すために
この本に書かれてあることを1つ1つ実践しています☆

Amazonへ見にいく

広告

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
会社管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し現在は管理職。このままで良いのかと悩み、様々な学びと出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンを持つ。

→詳しいプロフィールはこちら