『伝わるスイッチ』 深沢真太郎 著 「伝わる」とは結局「愛」なのだということを教えてくれる本

広告

「ビジネス数学」のご専門家・深沢真太郎さん

2019年1月新刊の本書は「伝わる」がテーマになっています。

なぜ「数学」が「伝わる」とつながるのだろう?‥とても興味深く本書を読ませていただきました。

リピート率 100%

真太郎さんの講座は、初めてご依頼いただいたクライアントさんからのリピート率が100%とのこと。

素晴らしいなー。

その評価は「わかりやすかった」「納得できた」「やってみようと思えた」「丁寧だった」という「伝え方」に関するコメントが大半を占めるそうです。

ご自身で何に気をつけているか?それは、「伝わるスイッチをonにする」
では、具体的に真太郎さんが心がけている「伝わるスイッチ」って、何?についてを、各章でくわしく解説くださいます。

大切な3つのこと

まず大前提として、大切な3つのこと。

  1. 少ない言葉
  2. ていねい
  3. 正しそう

コレを行うことによって、受け手さんに「わかりやすい」「なるほど」と思ってもらえる。

普段、雑談しているときなどは、意識しなくてもぜんぜんOK!なのだけれど。
いざっていうとき(スイッチをonにするとき)は、コレに尽きる。

自分のことを振り返ってみるに、どうにも語彙が多過ぎる傾向アリ。
それって、相手の目線に立っていないんだよなー。とあらためて反省です。

「ていねい」っていうのは、心がけているつもりですが、「正しそう」というのは、感覚的ではなくて数的根拠が必要になる。

「わかりやすい」とは、「正しそう」

「正しそう」に伝わるために。ココがまさに、数学の出番です。

本書のコトバを借りると…

A「出会いから交際の申し込みまでは短期間の方がいい。そのほうが男らしいじゃん!」

B「出会いから交際の申し込みまでは短期間の方がいい。実際、そういう統計データがある」

Aは感覚的。Bは数字根拠に裏付けられている。

感覚に賛同してもらうのもひとつだけれど、数字根拠があったらより「正しそう」と思える。すると、受け手さんが、その意見に真に賛同してくれるのですよね。それがきっと「わかりやすい」という共感へと導いてくれる。

また、ポイントは「正しい」ではなくて「正しそう」という点。
正しいとか正しくないとかって、主観的なジャッジだから、それを決めるのは送り手じゃない。
ただ、受け手さんが「正しそうだな」と思えば良い。

本書中にある、別のフレーズ「そもそも人はあなたの話を聞きたいとは思っていない」という点も刺さります。
だからこそ。わかりやすく伝えることで初めて、受け手さんのベネフィットと思ってもらえるんだろうな。

それぞれの"スイッチon"

「実践編」では、それぞれの「スイッチon」について、バラエティ豊かなエッセンスを教えてくれます。

  • 言葉に「愛」をこめて「プレゼント」という発想を持つ
  • 開始1分で、前提の確認をする
  • 「意見をまとめておいてください」など、説明の冒頭で、相手にして欲しい行為を具体的に伝える
  • 「いまから説明する内容は、大きく3つに分かれています」など、「要素」の数を伝える
  • まずは「結論から」→「なぜなら」"ペア"から始める
  • 「and」か「or」かを明確にする
  • 本題から外れた話をするときも必ず脱線の"方向"を伝える
  • 「身近な比喩」が最強である

…etc.

プレゼンをするときに。何かを伝えるときに。常に意識しておきたい点が満載です。

数的表現は、受け手さんへの「愛」

また、数学のご専門家ならではのアドバイスもくださいます。

  • 「100人に1人は成功します」など、伝えたいニュアンスを数値化する
  • 「偏差値」に置き換える
  • 「100」を基準にする
  • 「プレゼンは"1ー1ー3"です」など、数字をキーワード化する
  • 「予想」ではなく「予測」を伝える

…etc.

ふむふむ。

やはり、単なる感覚的ではなくて、数的根拠を用いることで、さらに「伝わる」ことが図れる。

それって、理屈じゃなくって、受け手さんへの「愛」なんですよね。

今日の一言

「伝わる」ということの、大切さ。

「おわりに」で書かれてあったことに、とても感銘しました。

目の前にいるその人に「わかりやすい」と「なるほど」をプレゼントしたいと心から思って伝えること。それが人間ならではのコミュニケーションです。

「AI」より「愛」

そんな、"人間くさい"数学者・深沢真太郎さんの熱い思い。
つねにかたわらに置いて、日頃のコミュニケーションの友となってもらえる一冊です。

☆「100歳以上生きる」を目指すために
この本に書かれてあることを1つ1つ実践しています☆

Amazonへ見にいく

広告

Follow me!

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
会社の管理職/100年ライフブロガー
30数年会社員まっしぐら、子育てしながら40歳で正社員復活、その後管理職となり現在に至る。しかし、定年まであと数年…というところで、会社の組織改編や家族の不調に見舞われお先真っ暗に…。その後、さまざまな学びと素晴らしい師匠たちに出会うことで救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンをもつ。このブログではそんな私の思いや実践をお伝えすべく、2017年7月22日から993記事連続、毎日更新中。(2019年6月30日現在)→詳しいプロフィールはこちら