ダウンコートのフード装着ファスナーが壊れた 修理もままならず、課題は翌年に持ち越し

広告

冬場に大活躍してくれるダウンコート。軽くて温かくて、しかも、多少雑に扱ってもヘタれない。
インナーは薄目でもぜんぜんOK!寒さ厳しき折は手放せません。

黒・グレー・ベージュ、それぞれ異なるデザインの三色をローテで着回し。
セールを利用して、1着1万円前後くらいで買っています。

とある日。

いちばん出番の多い、黒ダウンコートのフード装着ファスナーが取れかかっているのに気付きました。

なんとか元に戻そうと試みると、とうとう「取っ手」のところが破損してしまった。
よく見ると、ファスナーの「歯」もトコロドコロ抜けてしまっています。

わーーん(泣)

近所にある「洋服のお直しやさん」に、修理の依頼をしに行ってみる。

すると。

お店の人が困った顔をしています。
「うーーん。ダウンだとねえ。縫い直したりするのが大変なのよ。羽毛が抜け出てしまうこともあるしねー」

多少抜けてもいいですよーと答えると、
「かなり費用がかかる見込みだわー。1万円以上はね。」

いち・まん・えん‥‥

そんなーー。このコート、8,000円くらいで買ったのに、それ以上の修理代って・・。

フードにファーもついていて、背中にこれを"しょって"いるのといないのと、温かさが違います。
不意に雨や雪が降ってきたりしたときも、フードでカバーができる。
しかも、フードが付いてのデザインが好きなのです。

フードが無いコートなんて、まるで「ク○ープの無いコーヒー」の如し(笑)

購入してカレコレ10年近く。大活躍してくれたのになー。
よく見ると、本体にもアチコチほころびや、袖のテカリが‥買い替えどきかしらん?

ところが、時はすでに2月。
店先に並ぶのは春物ばかり。

この「課題」来年まで持ち越しとなりそうです。

☆「100歳以上生きる」を目指すために
この本に書かれてあることを1つ1つ実践しています☆

Amazonへ見にいく

広告

Follow me!

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
会社の管理職/100年ライフブロガー
30数年会社員まっしぐら、子育てしながら40歳で正社員復活、その後管理職となり現在に至る。しかし、定年まであと数年…というところで、会社の組織改編や家族の不調に見舞われお先真っ暗に…。その後、さまざまな学びと素晴らしい師匠たちに出会うことで救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンをもつ。このブログではそんな私の思いや実践をお伝えすべく、2017年7月22日から993記事連続、毎日更新中。(2019年6月30日現在)→詳しいプロフィールはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA