『即効!成果が上がる文章の技術』 尾藤克之 著 この本を読むと「書くことで伝わる喜び」を知りたくなる 

どんなにテクノロジーが進化したとしても。
文章って、人間でないと書けない。
AIにも”語句を並べること”はできるのかもしれないけれど「読んでくださる方々の心に伝える」ことって、人間にしかできない。

ブログを書いていても、その点に悩みはつきません。

コラムニストとしてご活躍されている著者の尾藤克之さんは、まさに「相手の心を動かす文章のご専門家」

尾藤さんのご著書を読むと、いつもヒントをいただくことができてワクワクします。

この度、2018年10月の新刊となる本書は「読者さんの心に届き行動を促す文章の書き方」について、さまざまな事例を用いてとても分かり易く解説くださっています。

「基本」が大切

文章術にはさまざまなメソッドがあれど。結局、「基本」が大切なのだと、本書を読んであらためて気づきました。

  • ひとりよがりにならない
  • 自信をもって断定する
  • 文法も大事
  • タイトルと書き出しで決まる

…etc.

ついつい陥りがちな「自分流」
でもそもそもは、日本語として長年受け継がれてきた「基本形」があって、それにそって進めてゆくこと。

これが「伝わる」ための大切なポイントなのですよね。

「文法」はとかくニガテになりがちだけれど…

本書のありがたい点は、とくに「文法」の要素について多くのページを割いてくださっていることです。

  • 漢字と平仮名のバランスのとり方
  • 「だ・である」と「です・ます」のつかい方
  • 「てにをは」のつかい方
  • 重ね言葉や慣用句の誤用に注意
  • 形容詞・接続詞・助詞のつかい方のコツ

…etc.

昔、国語の授業で習ったハズなのだけど、身についていないことも多々。

実際に「伝わる文章を書く」という目的をもとに、系統立てて教えてもらえることで、腹落ちできます。

読者さんに「ベネフィット」を与える

基本や文法をふまえて。さらに「読んでもらうためのとっておきの技術」
終二章では、そのためのコツを教えていただけます。

とくに「読者さんにベネフィットを与える」つまり、読者貢献。

自分が伝えたいことではなく、相手が知りたいことを書く。
自分目線ではなく、読む人目線。

なかなかうまくできていませんが、
とにかく、このマインドを常に意識して書いてゆけるようになりたい。

終章では、いくつかの例文にそって「伝わる」ワークも備えてくださっていて、読んだことをもとに、実際に考えて、書いてみる。ということが実践できるのもありがたいです。

まとめ

結局。

文章もコミュニケーション。
相手の立場にたって書くことが大切、これに尽きるのですよね。

そして、それが読者さんの共感をよんで、何かの行動に役に立つことができる。

本書を読めば。

「書くことで伝わる喜び」をさらに知りたくなります。

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
会社の管理職/100年ライフブロガー/色々学び人
30数年会社員まっしぐら、定年まであと数年…というところで、会社の組織改編や家族の不調に見舞われお先真っ暗に…。その後、さまざまな学びと素晴らしい師匠たちに出会うことで救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンをもつに至る。このブログではそんな私の思いや実践をお伝えすべく、2017年7月22日から640記事連続、毎日更新中。(2018年10月31日現在)→詳しいプロフィールはこちら