ベテランさんのチーム異動 ずっと「1プレーヤー」でいるのは難しい

職場メンバーのSさんに、チーム異動をしてもらうこととなりました。

担当している業務で10年近く活躍してくれていますが、
後輩たちも育ってきて、そろそろSさんにはリーダーポジションになってもらわないと、下が詰まってきちゃう。

ところが彼女は、いわゆる「我が道を極める」タイプ。
人の上に立ってチームをまとめるのが残念ながら向いていない。

他メンバーの意見を聴くと、
「Sさん、そのときに対応している業務にのめり込んじゃってて、周りがアップアップしていても気付かないことが多いのです」

うーん。コレだと、無理矢理リーダーポジションに置いたとしても上手くゆかないだろうなー。

ご本人も、
「人をまとめるのって、苦手なんです」
「ずーっと、現場の業務をしていたい」
それも、彼女のキャラではあるのだけれど。

組織って、ある程度ピラミッド型になっているのが望ましい。
ベテランさんが同じチーム内でずっと1プレーヤーというのは、活性化につながらないもの。
しかも、Sさん残念ながら、「周りが見えていないヒト」もいうイメージになってしまいつつあります。

そこで。

チームを異動してもらうことにしたのです。

「新たなプロジェクトが開始となるので、そこでまた、バリバリやって欲しい」
と伝えると。

しばーーらく、沈黙。
やっと口を開き始めたと思いきや、目から涙が溢れている。

「今のチームに、私は要らないということなんですね?」

いやいや、そうじゃなくてさー。
会社だから、異動ってあるもんだ。
ほら、ワタシも異動してきたし。

するとSさん。また涙を流しながらおっしゃる。
「私、今の業務がとてもやりがいがあって、好きなのです。抜けるのはツラいです」

気持ちは分かる。
でも、いろいろ考えてこういうプランになったので、理解してくれると嬉しい。

Sさん、しょぼーんとしながら席に戻って行きます。
気持ち整理して、あらたなチャレンジに向かってくれるといいな。

応援してるよ。

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
会社の管理職/100年ライフブロガー/色々学び人
30数年会社員まっしぐら、定年まであと数年…というところで、会社の組織改編や家族の不調に見舞われお先真っ暗に…。その後、さまざまな学びと素晴らしい師匠たちに出会うことで救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンをもつに至る。このブログではそんな私の思いや実践をお伝えすべく、2017年7月22日から640記事連続、毎日更新中。(2018年10月31日現在)→詳しいプロフィールはこちら