通勤途中、腹痛におそわれた 深呼吸をすると一時落ち着きました

広告

通勤中、満員電車に乗っていて急にお腹が痛くなること、時々ありますよね。

車中はなにしろ身動きがほとんど取れず。
停車駅で途中下車したとしても、駅のトイレっていつも大行列、激混み。

わーん。コマッタコマッター。
勤務先に到着するまで、なんとか持ち堪えねば‥‥

今朝もそんな緊急事態(笑)でした。

ふと、何かの本で読んだことを思い出した。
「深呼吸をすれば、落ち着くことができる」

さっそくやってみます。

息を深ーーーく吸ってーー、吐いてーー。
吸ってーー、吐いてーー。
目を閉じて、精神もこの一点に集中。

すると。

すーっと痛みが引いてきました。

何度か試みているうちに、どうにか勤務先に到着。
あれ?腹痛がどっか行っちゃったみたい!

「おはよーございまーす」
何事も無かったかの如く。
いつも通り席に着いて、PCを立ち上げる。
さて、コーヒーでも飲もうとするか。

その途端。

忘れていた腹痛が蘇ってきた(汗)
でも、トイレはすぐソコ。余裕だわー♪

もし、何かの痛みがおそってきたとき。
今回のワタシの場合は「深呼吸」でナントカしのぐことができました。

助かったーー。

☆「100歳以上生きる」を目指すために
この本に書かれてあることを1つ1つ実践しています☆

Amazonへ見にいく

広告

この記事を書いた人

ねーさん

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら