コロナ禍の続く2021年「ゴールデンウィーク期間2度目の緊急事態宣言」 どう過ごせばよいのだろう

広告

2020年に続き2021年も、私が生活している地域では「ゴールデンウィーク期間の緊急事態宣言発令」となりました。

COVID-19という未知のウイルスに襲われた2020年、感染拡大防止に努めようと人々みんなが堪えて過ごしてきて。

1年後も同じ状況になるとは予想もしていなかった。

2度目のゴールデンウィーク期間緊急事態宣言、どう過ごせばよいのだろう?

思ったことを書きます。

起きてしまったことを、受け入れるしかない

1年越しで、出かけることを楽しみにしていたり、久しぶりに仲間と集合しようとしていたり…

とくに会社勤めをしている私にとって、大型連休というのは年に一度の楽しみでもあり、2021年こそは!とワクワクしていました。

同じように様々な計画を立てていた方々も多いことでしょう。

しかし「第4波」ともいわれる、あらためてのコロナ感染拡大に至り、2021年4月25日から5月11日までの緊急事態宣言発令が決定。

残念です。

でも、起きてしまったことを受け入れるしかありません。

できることを楽しもう

2020年もこの期間「できることを楽しもう」って過ごしてきました。

1年経ったけれど、再びどうすればいいのだろう?ってあらためて考えたときに、やはり「できることを楽しもう」としか思いつきません。

自宅でゆっくり過ごすのもひとつですが、外に出て太陽浴びて景色を眺めることだって、やりたい。

悶々としていても仕方ないから、とにかく出かけてみよう。
近所にあるから…と返ってなかなか行く機会がない公園に行きました。

青空や新緑や

季節の花や

世の中が大変なことになっていても、自然の営みは変わらずに楽しませてくれる。

何もなかったら気づかなかった「当たり前」です。

溜めを吐き出すチャンスでもある

まずは公園へ散歩。その他にもやりたいことを書き出してみます。

  • 録画していた映画を視聴する
  • 「積読」になっている本を読破する
  • 普段はなかなか作れない「凝った料理」にチャレンジ

…etc.

身近でできることって、意外と溜めてしまってやらなかったりするもの。
この機会に"溜めを吐き出す"チャンスでもあります。

懸命に過ごしていることを、労おう

とはいえ。

本音で言えば旅行にも出かけたいし、仲間にも会いたいし。
やりたいことを堪えて、できることを懸命に過ごしていることを、ちゃんと労うことも大切。

みんな頑張っている。

きっとこの事態が収束することを願って。その後に思いっきり何でもできるようになるときを待ちます。

最後にひとこと

この1年間はなんだったんだろう?

そんなふうに考えたところで詮無いから、今この時をどう過ごしていくか?って集中すればよいです。

2020年のゴールデンウィークのときにやってみた「ベランダホットプレートBBQ」
今年もやってみようと楽しみにしたりしています。

広告

この記事を書いた人

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職となって16年。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら