ステイホームでもBBQ気分 ホットプレートとベランダ活用術のおススメポイント

広告

こんにちは。2020年の緊急事宣言・ステイホームでも、少しでも楽しく過ごしたい ねーさん(@nesan_blogger)です。

季節はちょうど5月初旬。BBQをするのにうってつけ。
ホットプレートを使って時々焼肉をしている我が家。どうせなら、ベランダでやってみようと試みてみました。

どんなふうに活用して、何がおススメポイントか?

ご紹介します。

ホットプレートのベランダ使用を試みてみる

私が使用しているホットプレートは、左右の温度調節ができて蓋つきのものです。随分以前に購入しましたので同じ製品は現在ありませんが、こんな感じです。

時々使う程度であれば、一度購入すれば長期間利用可能。頻度は多くても月1回くらいなので、我が家のは25年ほど使っています。

室内から延長コードで繋げてベランダに置いてみる。

物理的にはこれで使用できますが、集合住宅ゆえ隣近所に煙が伝って迷惑になってもいけない。

残念ながらベランダで焼くのは断念しました。

ベランダ焼きは断念したけれど、工夫したこと

次に考えてみたこと。

リビングテーブルの奥にベランダに繋がる窓があるので、ここを開け放して、焼けたらベランダにいる家族に渡す、という方法です。

好きな具材を買ってきてジュウジュウ。ここには映っていませんが、牛肉だけはややお高めの「国産黒毛和牛」にしました。柔らかくて美味しかったわぁ。

ちょっとした贅沢があっても、お家BBQなら大した出費にもなりません。

ちなみに、室内だと油の飛び散りが気になるもの。テーブルの上や周辺の床に新聞紙を敷いて凌ぎます。

焼けたらお皿に乗せて網戸を開け、夫と息子に渡します。

5月頃だとまだエアコンを使用していないので、室外機がちょうどいいテーブル代わりになってくれます。

飲み物も冷蔵庫から運んで冷たいまま楽しめる。日没前の早めから始めれば照明設備がなくても十分です。

ステイホームでもBBQ気分 おススメポイント

ベランダでホットプレート・ステイホームでもBBQ気分。ベランダの広さや室内との距離感も、それぞれのご家庭でさまざまあるでしょう。

おススメポイントについて、あらためてお伝えします。

ココがポイント

  • 無理にベランダで焼こうとしなくてもよい
  • 室内で焼いてベランダで食べるだけでも、十分にBBQ気分が味わえる
  • ちょこっとした贅沢素材を取り入れてみると尚更楽しめる

よろしければぜひお試しください。

最後にひとこと

集合住宅で庭もないので、自宅でBBQなんて全く思いつきもしません。

緊急事態宣言で世の中が辛いことだらけだけれど、少しのことでも楽しみたい…そんなふうに考えてみると、色々とアイディアが浮かぶものです。

〆の焼きそばを最後にシェアして、本日の「我が家BBQ」はお開きとなりました。

折りたたみチェアも安価なものが色々あるので、ベランダ活用には便利です。

広告

この記事を書いた人

ねーさん

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職となって15年。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら