アリゾナのホストファミリーの長男が来日すると連絡がきた gmailで気軽にコンタクトできるのがありがたい

アリゾナのホストファミリーの長男クンからきた手紙

広告

私が小学生の頃ご近所に住んでいた、アメリカ人のファミリー。

帰国され、その20年後くらいにアリゾナのお宅にホームステイをさせていただきました。
以来、数十年。一家の長男クンが来日すると嬉しい連絡があり再会することに。

ご紹介します。

どこの国にいても、みんなGoogleでつながることができるって嬉しい

私のメールアドレスは、ホストマザーにはお伝えしていたのですが、息子クンには伝わっていなかったらしく、先ずは実家の両親のところに手紙が届きました。

何せ両親は80代の高齢。色々やり取りするのがさすがに億劫なようで、私のところにお鉢が回ってきた。

書かれてあったgmailアドレス。何と、長男クンの顔写真も表示されます。世界は近いなー。と感激しつつメールをしてみます。

Airbnb

すると2日後くらいに返信が来ました。1週間ほど都内に滞在するそうです。しかも、新宿区内の ”Airbnb”がお宿とのこと。

Airbnbってなんだ??あらためて調べてみました。

Airbnb(エアビーアンドビー)は、宿泊施設・民宿を貸し出す人向けのウェブサイトである。世界192カ国の33,000の都市で80万以上の宿を提供している。2008年8月に設立された、 サンフランシスコに本社を置く、非公開会社Airbnb, Inc.により所有、運営されている。

ふむふむ。つまり、”民泊”ってのですね。しかも、オーガナイズされた合理的なシステムなんだー。日本法人もあるとは!驚。

日本におけるAirbnb
2014年5月、日本法人のAirbnb Japanが、東京(渋谷マークシティ内)に設立された。日本では、インターネット上で民泊を仲介するプラットフォームの代表例として、またシェアリングエコノミーの代表例としてUberなどと共に取りあげられる場合も多い。

Uberってのもよく聞くようになりましたよねー。
色々あるもんだ。

”Ryokan”に行きたい

長男クンのリクエストで「”Ryokan”に一泊したい」と書かれてありました。しかしー。新宿近辺の旅館といってもなかなか難しいものがあり、電車に乗って箱根とか行けそうならよいのですが、けっこうなお値段になってしまう。

取り急ぎ、「観光地まで足を伸ばす必要があるよー。ご予算はどれくらいかしらん?」とメールを返してみました。

国境を超えてコミュニケーションができる

長男クンが日本に住んでいたときは5歳。かたや私は8歳。いってみれば弟のような存在でした。その彼が数十年ぶりに来日してくれて、アレコレご案内ができるかもしれないって、けっこうワクワクしてます。

聞くところによると、IT関係のお仕事をされているそうな。SNSとかブログの話とかできたら、いいなーw

今日の一言

ご縁というのは、国境超えたって本当にありがたいものだと、あらためて感謝です。

広告

この記事を書いた人

ねーさん

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら