なにかを発信するとき 感謝の気持ちを乗せる

広告

我が職場での出来事。
ときどき、大量の「シール貼り」や「郵送物送り」が発生します。

ともすると、ぞんざいになってしまいがちな発信作業。
ちょっとズレちゃったり、曲がっちゃったり…。

すると、プロジェクトリーダーさんから、檄が飛びます。

「あのねー。モノを送るんじゃなくって心を送る。そういうつツモリでひとつずつ感謝の気持ちを乗せて届けなくっちゃ。そしたら、ズレたり曲がったりしないでしょ。」

ハッとさせられました。

たとえば、ブログでも。

何かを発信するとき。
ワタシは感謝を乗せることができていただろうか。

あんまりできていなかった。

コトバの表現は
「こんなことができたぞ」
「スゴイことが見えてきたぞ」
「めっちゃイイ感じだ」
…とかになっちゃってても。

そこに「感謝を乗せる」というのがとってもとっても大切なのですね。

そうでないと。

ただの独りよがりになっちゃう。
ただの自慢バナシになっちゃう。
観るほうからしたら、
「へぇーそうですか。そりゃ、よござんした。」ってなっちゃう。
ズレたり曲がったりしちゃう。

感謝が乗っていると。
コトバにはそういう直接的な表現がなかったとしても、
なぜかそれが、行間からにじみ出てきたりする。
ズレも曲がりもしない。まっすぐに伝わってくる。

他の方のそんな記事は、いいね!超いいね!って、自然と受け取れる。

自分も「まっすぐに伝えられる」ようになりたいな。

何かを発信するときに。
「感謝を乗せる」
それを忘れないように。

シール貼りであっても(笑)
情報発信であっても。

☆「100歳以上生きる」を目指すために
この本に書かれてあることを1つ1つ実践しています☆

Amazonへ見にいく

広告

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
会社管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し現在は管理職。このままで良いのかと悩み、様々な学びと出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンを持つ。

→詳しいプロフィールはこちら