久しぶりにクライアントさんとのアポイント たまには緊張感も必要ですね

広告

今の部署に異動してから、めっきりクライアントさん訪問の機会が減りました。
長年営業をやっていて、クライアントさんとおしゃべりするのが好きなワタシとしては、とっても寂しい。

クライアントさんとお会いするのは、もちろん緊張感もありますが、
旬の情報をどんどん授けてくださる。
クライアントさんの「困った」はヒントの宝庫。

まさに「答えは現場にある」
これがなによりの楽しみです。

今日は久しぶりにアポイント。
新たなプロジェクトが始まる予定となり、細かなツメを行います。

メインで話すのはプロジェクトリーダーですが、
ワタシも、頷きや笑顔で応戦。
初めてお会いする方もいらっしゃり、自己紹介をすると、差し上げたワタシの名刺に何やら書き込んでくださる。

嬉しいなー。

ここのところ、どーでもいい格好でデレーっとしっぱなしの毎日(笑)
スーツを着たのも久しぶり。
気が引き締まるもんだ。

リーダーは面会が終わったあと
「はーーっ。やっとココまできましたーー」
と、魂が抜けちゃってそうな様子。
彼女の、プロジェクトにかける熱い思いが伝わってきて、これまたありがたい。

緊張感。たまには必要だわー。
もうちょっと出歩けるように、行動計画を引き直そう。

今日のクライアントさんに出してもらったミネラルウォーター、嬉しくって持って帰ってきちゃいましたw

広告

この記事を書いた人

ねーさん

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら