意外と奥が深い? シール貼り

職場で大量のシール貼りが発生。
お届けするエンドユーザーさんがご年配の方々なため、Webではなく、アナログなハガキ作戦が必要。

続々と運ばれてくるダンボール。納期は明後日(汗)老若男女問わずフロア全員で取り組みます。

大量のシール貼りって、意外とやったことがない。

ひとつひとつのラベルを見て、「わー。こんな地域の方々もお客様なのねー。」
っとしみじみ拝見しながら"貼り貼り"

すると、プロジェクトリーダーさんから指摘がきます。

「ねーさん、何ノンビリやってるんですかー!スピードアップしてくださいっ」

あららースミマセン。

で、ちょっとシャカリキ度を上げて進めてゆくと、
わーん。破れちゃったよぉー(泣)

それぞれのシールに全て通し番号が付いているので、一個だけ再印刷をお願いするワケにもいかず。

そぉーっと丁寧に台紙から剥がしてみて、ハガキにピターッと貼ってみたところ。
シメシメ。破れてるのが分からなく見えるぞ。

ほっと一息も束の間、どんどんハガキが積まれてゆく。

右利きなため、力の入り具合でどうしても、右側が下がっちゃう。
意識して右を上目に貼るようにしたら、うまく真っ直ぐになってきましたw

あと、台紙からサーッと剥がしてサーっと貼らないとシワが寄っちゃう。リズミカルにやっていかねば♬

ぷはーっ、小一時間でようやく200枚程度。
指紋もカサカサになっちゃった。

明日も朝からファイト!

シール貼りとは、なかなかに奥が深いものです。

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
☆炎の会社員&LIFE SHIFTブロガー☆

会社員のプロ/ブロガー/主婦です。
30数年会社員まっしぐら。しかし、定年まであと数年…今後のLIFE SHIFTを目指しさまざまな学びにチャレンジしています。このブログでは、私のそんな思いや実践を、同じ世代の方々や、その後ろの、背中にいらっしゃる世代の方々にお伝えしたいです。→詳しいプロフィールはこちら