しなやかにいこう 辛いとき、疲れたとき、自分ではどうにもならないとき 心のありかた

広告

生きていると色々なことが起きるものです。

自分のことだけでなく、世の中全体のことや、自然現象のことや、とにかくありとあらゆる出来事。

懸命に堪えて耐えて過ごそうとすると、とても大変だから。

そんなときは「しなやかにいこう」

この記事を書いている2021年8月は、新型コロナウイルス感染拡大で猛暑でなかなかに辛い。
心穏やかに過ごすためにどうしたらいいのか?って考えてみました。

「がんばろう」じゃなくて「しなやかにいこう」

試練が起きると、つい「がんばろう」と掛け声かけてしまいます。

自分の努力が足りないのならば、がんばることも必要でしょう。
でも、たいていみんな誰しも一生懸命にやっていて、それでも叶わないことがいくつかあって。

がんばっていますとも。
これ以上どうがんばればいいんですか?

ちょっと視座を変えて「しなやかにいこう」というのはいかがかしら。

しなやかさ:弾力があってよくしなうさま。動きやようすがなめらかで柔らかなさま。

無理に形を固定しなくても、クネクネしながら状況に応じていけばいいのです。

辛いこと、疲れること、自分ではどうにもならないことを書き出して共感する

まずは辛いこと…等について、書き出してみる。

  • 新型コロナ感染拡大止まらず、抑制が続くばかりで辛い
  • 猛暑や災害や自然の成すこととはいえ、心配でならない
  • 仕事がうまくいかない

さらに「自分を取り巻く周囲との関係」のところまで広げてみると

  • 自分が良かれと思って意見してみたのに、相手は反応してくれない
  • 自慢ばっかりする人に腹が立つ
  • あの人からはきっと認めてもらっていないだろう

… etc.

次にやるといいこと。

ただただ受け止めて「あ、辛いんだね」と自分で自分に共感する。

何かを解決したかったら、方法を考えて行動すればいいし、そのまま流しちゃってよいってこともある。

「しなやかにいこう」です。

「こうするべき」に捉われず、心穏やかに

こうしなくっちゃ、こうするべき…

と言われることがあっても、捉われずに。

なんでもいいし、それもアリだし、あれもアリだし、好きなようにすればよいです。

で、相手にもそうやって思っておけば「こうして欲しかったのに」と悩む必要がありません。

何事にも柔軟に。

心穏やかに過ごすために、しなやかさで応じていくと楽です。

ランキングに参加中!
にほんブログ村のランキングに参加中です。下のバーナーをポチッと押して、応援いただけると嬉しいです。
にほんブログ村 転職キャリアブログ キャリアへ
にほんブログ村

広告

この記事を書いた人

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

ワーキングマザー28年、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で16年管理職。「100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を増やしたい」というビジョンを広げるためブログで情報発信中。山手線 全駅の記事も人気。

→詳しいプロフィールはこちら