5月1日について 毎年迎えるこの日だけれど、令和二年の特別な思いを記しておこう

広告

令和二年の5月1日を迎えました。

5月って一年のうちでもっとも過ごしやすい爽やかな時季。
ゴールデンウイークがあって、季節の色々な行事があって。ウキウキワクワクします。

しかし、残念ながらこの年はいつも通りの5月1日ではありません。
新型肺炎 COVID-19の流行に伴い、世界各国をはじめ我が国にも緊急事態宣言が発令されているからです。

それでも、令和二年の5月1日は二度とこない。

この日のことを記しておこうと、ブログに書きます。

5月を語る言葉 身近でも感じ取ってみる

5月を語る言葉って色々あります。

「風薫る」これは季語にもなっている。

青葉の季節に、青々と茂った樹木の間を風が吹き抜けていくさまを表現する語。夏の季語で、初夏、特に5月を示す。
ー実用日本語表現辞典より引用

次は「新緑」

夏の初めころの、若葉のつややかな緑色。また、その立ち木。
ーデジタル大辞泉より引用

今までの5月だと、連休を利用してこうした景色や風を感じに、観光地まで出かけて行ったものですが、令和二年は「Stay home推奨」赴くことができません。

でもね。

身近なところでも、目を凝らして見るとそんな雰囲気を感じられるもの。自宅前の通路で撮った画像をアイキャッチにしました。

5月1日について

ちょうど一年前の令和元年5月1日。
今上天皇ご即位の日。私は旅先に居て記事を書きました。

一年後の同じ日がこのような状況になっているとは、誰も思ってもみなかったことでしょう。

でも、5月1日はこうして毎年必ず訪れるのです。

風も感じたいし緑も感じたいし、端午の節句も楽しみたいし。
パンデミックの最中で辛いことも多いけれど、とにかくできることをしよう。そんな思いをTwitterに書きました。

最後にひとこと

これからの世の中はどうなっていくのだろう。COVID-19はいつ収束するのだろう。
全く予想もできない。

収束したとしても、色々なことが大きく変わってしまうのかもしれません。

でもね。5月1日は毎年必ず訪れる。

初夏を思わせるような晴天だった一日。夕陽もなんだか応援してくれているように、私の目には映りました。

広告

この記事を書いた人

ねーさん

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら