270日ぶりの青空 息子の目には何が見えたのだろう

広告

自宅から見た、10月の青空

一昨日に、9か月振りにランニングに出た息子。ブログに書かせていただいたところ、ありがたいことに、いいね!や、温かいメッセージをいただきました。

みなさま、本当にありがとうございます!

よろしければコチラもご覧ください。

昨日は深夜ではありましたが、2時間ほど散歩に出ていました。
やっぱり、夜のほうが出やすいんだろうな。まっいっか。と思っていたところ…。

帰宅したら息子のスニーカーがなかった

本日は朝から歯科検診のワタシ。昼頃に帰宅してみると、玄関の”神砂ボックス”に置いてた息子のスニーカーが見当たりません。

夫が掃除機をかけています。

ワ「あれ?うちの子は?」
夫「散歩に行ったよー。」

本日は10月らしい、抜けるような爽やかな青空。
息子にとっては、約270日振りの太陽。青空の下。

何が見えてるんだろ。

青空の下に出ていった息子。再び涙が止まりませんでした。
掃除しながら夫も泣いていました。

大切な息子のセロトニンさん 復活してくれるといいな

太陽の光を浴びないと、脳内物質の”セロトニン”が活躍できず、結果、心身に不調をきたしてしまうと、師匠から教えてもらいました。

9か月も太陽の光が浴びれていなかった息子。仕事とか社会生活とか、そういうことは二の次でいいので、とにかく、太陽の下に出てほしいなあ…。

願いが叶いました。

息子のセロトニンさん、復活よろしくねー。

親としてできること

お師匠さんたちに教えていただいたこと。

親が楽しく元気であればよし、以上。

「きみはいったい何があったの?」
「どうして、こんなことになっちゃったの?」
「お父さんとお母さんにできていないことがあったら謝るから、何がつらいのか教えて」
「これからどうするつもりなの?」

この一年間、数えきれない問いが心の中で去来しました。でも言葉に出すことはできなかった。

とにかく楽しく一生懸命に生きていこう。これだけをやってきました。
これでいいのかなあ。もちろん、問いはまだ続きますが、ワタシができることって、これくらいしかないのです。

今日の一言

今日、息子が散歩に出たころには、快晴でしたが、そのあと急に曇天に。

青空に間に合ってよかった。

そして、明日は息子の25回目の誕生日を迎えます。

支えてくださったみなさまに、心より感謝いたしております。

そして、こんなことを書くことができる、独自ドメインのブログ。
教えていただいたブログのお師匠さんに、心より感謝いたしております。

本当にありがとうございました!!

☆「100歳以上生きる」を目指すために
この本に書かれてあることを1つ1つ実践しています☆

Amazonへ見にいく

広告

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
会社管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し現在は管理職。このままで良いのかと悩み、様々な学びと出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンを持つ。

→詳しいプロフィールはこちら