『絶対にミスをしない人の脳の習慣』(樺沢紫苑 著)出版記念講演会  ミスという切り口からの病気予防

広告

樺沢紫苑先生_2017年10月10日新刊_『絶対にミスをしない人の脳の習慣』

精神科医/作家 樺沢紫苑先生の新刊、『絶対にミスをしない人の脳の習慣』2017年10月10日発売です。

先駆けてその出版記念講演会が開催され、事務局スタッフの一員としても参加をすることができました。

精神科医として、臨床現場ではなく、さまざまなメディアを活用して情報発信することによって、日本人のメンタル疾患を少しでも予防して減らしてゆく。

樺沢先生のご信念です。

本書も、そうしたご信念の粋を「ミス」という観点から切り込んだ、樺沢先生ならではメッセージの数々が散りばめられています。

なぜミスをするのだろう?

仕事でのミス。プライベートでの勘違いミスやらスケジュールのブッキング。
しばしば発生するものです。

それは脳疲労が原因。と樺沢先生は解説くださいます。

  • 脳科学『脳を最適化すれば能力は2倍になる』
  • 勉強術『ムダにならない勉強法』
  • 時間術『神・時間術』

昨年末から上梓された樺沢先生のご著書たち。そこに書かれてあることは、

脳を最適化して、病気を予防して、時間を有効活用して、ワクワクと人生を楽しんで、成長する。

そして今回は、

ミス予防術。

ミスを察知する。ミスを予防する。それが、病気の予防にもつながる。

キーワードは、「自己洞察力」

先生のご信念に基づき、幾重にもつづれ織りされた”人間学”。
まさに巻物のような宝のご指南の数々です。

これからも樺沢先生の”巻物ワールド”に引き込まれていきたい!

読書とは無限のシナジー

一冊の書。
その背景に著者さんのマルチワールドがある。

樺沢先生は、出版だけでなく、メルマガやSNS、記念講演会などの様々なメディア、機会をご提供くださり、常にシナジーをもたらしてくださるのです。

本から広がる無限の世界。素敵です。

今日の一言

樺沢先生からいつも教えてもらうこと。それは、

「本を読むだけでなく、そこに書かれてあることを実践して、その後どう変化したか。それを、アウトプットすること。すると、読んだことが脳に刻まれてゆくのです。それが読書。そのために著者としても誠心誠意尽くすのです。」

読了して、実践して、アウトプット。ぜひ進めてゆきます。

樺沢紫苑先生_『絶対にミスをしない人の脳の習慣」出版記念講演会

「働きながら子どもを育てる」を20数年やってきた私のオススメの一冊。
子育てに悩みそうなときには、ぜひどうぞ。

Amazonへ見にいく

広告

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
会社の管理職/100年ライフブロガー
30数年会社員まっしぐら、子育てしながら40歳で正社員復活、その後管理職となり現在に至る。しかし、定年まであと数年…というところで、会社の組織改編や家族の不調に見舞われお先真っ暗に…。その後、さまざまな学びと素晴らしい師匠たちに出会うことで救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンをもつ。このブログではそんな私の思いや実践をお伝えすべく、2017年7月22日から883記事連続、毎日更新中。(2019年3月31日現在)→詳しいプロフィールはこちら